記事タイトル:クラッチのすべり? 


書き込み欄へ  ヘルプ
お名前: NC   
返答ありがとうございます。
私の症状も黄色君さんと同じだと思います。
帰り道ではなんともありませんでした。
ご指摘のように2速から3速のシフトアップでは
回転数を合わせず、クラッチに頼って、ポンッ
とつないでいました。
そのコースの中には2速から3速にシフトアップ
するポイントが3箇所ありましたが、滑りらしき
症状が発生するのは決まって同じポイントでした。
思い出してみると、そこからの加速がコースの
最高速ポイントにつながっていたため、気合が
入りすぎて、操作が荒くなっていたと思います。
ロードスターのミッションは少しでも、タイミング
が狂うと気持ちよく入ってくれませんが、クラッチ
も操作に対する許容範囲が狭いようですね。反省し
て練習します。
[2007年8月18日 22時34分17秒]

お名前: 黄色君   
自分は8000キロの時点で、サーキット走行中にのみ完全にすべりを起こした経験があり
ます(NA8Sr1)。
ブレーキで言うフェード状態で、熱がたまってすべりを起こしたものと考えられますが、
帰り道では問題は起こりませんでした。

回転を合わせずにつなぐとか、半クラを多用するとかで熱がたまるようで、自分の場合は
カバーのみをクスコ製にすることで解決を見ました。 多分つなぎ方が荒かったのを補ってくれたのではないか?と推測しております。
参考までに。
[2007年8月18日 21時56分24秒]

お名前: KOSU   
摩擦係数は温度上昇によって低下するので、クラッチのすべりが起きることが
あると思いますが、そのコーナー以外では発生していないようなので、
すべりではないような気がします。
そのときのエンジン回転数と車速は合っていたのでしょうか?

NCは電子制御スロットルになって、変な制御をしているような気がします。
私は街乗りだけですが、シフトアップ時にアクセルを踏んだ量に対して
エンジン回転数が比例せず、クラッチミート時にエンジンブレーキがかかった
ような感覚になることが、たびたびあります。

最近ブリッツR-VIT i-Colorを導入したのですが、かなりアクセルの踏み込み量と
スロットル開度が違い、制御されているのがわかりました。

あまり回答になっていなくて、すみません...
[2007年8月18日 11時43分0秒]

お名前: NC   
ちょっと前のことですが、不思議な症状が出たことがあります。
5月下旬の暑い日にもてぎのハンドリングクラブと言うドラスク
に参加したときのことです。
3グループに分かれて、20分を4回走行しましたが、最後の4回目
の走行で、コーナー立ち上がりで2速から3速にシフトアップすると
それまでポンッと前に押し出される感じで加速していたのが、
半クラッチを使ったようにふにゅうぅ〜と言うような感じで、
加速するようになり、私の感覚ではクラッチが滑っていると
感じました。
しかし、車はNCでまだ3万キロも走っていませんし、その後は
同様な症状は1度も出ていません。(同様の限界走行もしていま
せんが。)
そこで、皆様にお聞きしたいのですが、暑いときに全開走行を
続けると、クラッチがすべることがあるのでしょうか?
それとも、何か別の減少なのでしょうか?
今の私の知識では理解できませんが、理屈もお教えいただけると
ありがたいです。
[2007年8月18日 11時4分42秒]

このテーマについての発言をどうぞ。
氏名
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
記事一覧に戻る