記事タイトル:アルミ2層ラジエター 


書き込み欄へ  ヘルプ
お名前: KOSU   
>メーカーはなぜ、そういう設定のサーモにしたのでしょうか

雑誌か何かで、排ガス対策のために設定温度を高くした、と読んだ記憶があります。
[2007年9月14日 7時56分24秒]

お名前: たまご   
純正の水温センサーの位置はどこにあるのでしょうか?
よくアッパーホースの温度を基準にしてローテンプサーモ
を入れたら良いかなと思う方が多いようですが、本当にエンジンに
よいのか良く考えた方が良いでしょう。冷たい水から使い始め
沸騰するまでの時間を稼ぐという考え方は、特別な意図がなければ
デメリットの方が多いでしょう。
[2007年9月11日 14時25分59秒]

お名前: ローテンプ   
メーカーはなぜ、そういう設定のサーモにしたのでしょうか、
低ければ良いならはじめから作動温度下げたサーモにするでしょう。
90から100度くらいが設計温度なんでしょう。(おそらくは街乗り&ちょいスポーツ程度の状況設定でしょうけど)

ラジエター容量、性質が変わらなければ、100度に上がる状況を続ければ、ローテンプでも100度になりますよね。若干遅れて。
てことは、水温の変化範囲がローテンプのが広いってこと?エンジンには悪そうですね。
[2007年9月11日 1時8分11秒]

お名前: 元年式   
改行忘れ訂正 ><

温度が気になる様でしたらサーモを低温で開くタイプにすると良いのではないでしょうか?
100℃で全開って事は100℃以下だとサーモが効いて水量が絞られてる訳ですから
熱交換効率も悪いでしょうし、温度を上げる機構(サーモ)と下げる機構(ラジエター)
とが無駄な戦いをしてるって事なので。(笑)

追記 ○ハの78とか良いですよ。92℃位で全開で水量アップします。
[2007年9月9日 22時35分37秒]

お名前: 元年式   
温度が気になる様でしたらサーモを低温で開くタイプにすると良いのではないでしょうか?
100℃で全開って事は100℃以下だとサーモが効いて水量が絞られてる訳ですから熱交換効率も悪いでしょうし、温度を上げる機構(サーモ)と下げる機構(ラジエター)とが無駄な戦いをしてるって事なので。(笑)
[2007年9月9日 22時30分28秒]

お名前: もんとん   
なるほど・・・純正サーモとアルミの性質上、こんな温度域になるんですね。
本日サーキット行ってきましたが、いくら走っても100度超えないですし
(油温が心配ですが)
まぁ冷却性能の向上はあるようです、
ただ、やはり停まった状態では純正の方が安定してた気がします
コアが厚くなったのとフィンの密度が上がっているので性質が違うのかもしれませんね。

ちなみにスワールポットは使っていません、興味はあるのですが
何となく効果が耳に入ってこないのでw導入できずにいます・・・

皆様、ご丁寧なアドバイスありがとうございました。
[2007年9月9日 20時34分3秒]

お名前: 銀ねこ   
そもそも純正もアルミですよね(上下のタンクは樹脂)違ったかな?
えずらさんが仰る様にアルミは放熱がいいのですが、熱を拾いやすいので街中等の走行ですと
効果は薄いと思います。
真鍮製はアルミほど放熱は衰えますが熱を拾いにくいので安定しています。
ある程度のスピードで走行していればノーマルより冷えるでしょう。

インプレッションはローテンプを使ったかサーモを外して、ラジエーター本体の能力の比較でしょう。
もし心配でしたら今一度エアー抜きをしてみて変化無ければ、そういう特性と思います。

あとは、スワールポットを装着ですか(私も興味あるので・・・)
[2007年9月9日 17時26分6秒]

お名前: 元年式   
NBでノーマルサーモだとこんなもんじゃないでしょうか?
サーモの開き始めが88℃で全開が100℃の様ですので。
以前よりも高負荷走行でもチョイ低めで安定すると思いますよ。
[2007年9月8日 22時34分11秒]

お名前: えずら   
車はNB1でしょうか。
であれば純正サーモを使用する限り80℃はあり得ないです。
80℃はサーモが閉じてますから。
アルミは重量面で有利だけど熱を持ちやすく風が当たらないと
真鍮より熱くなると聞いたことがありますからこんな物じゃ
ないでしょうか?
ファンが作動すればすぐに落ち着くならファンコントローラー等を
検討されてはいかがかと思います。
[2007年9月8日 22時27分21秒]

お名前: もんとん   
本日、NB1純正ラジエターからアルミ2層のラジエターに交換しました、
が・・・イマイチ効果が怪しいのです。
水温系はアッパーホースにセンサを取り付けてあります、
純正で通常走行で90℃〜95℃、渋滞にはまると95℃〜100℃ぐらいになっていました
アルミ2層に交換後は通常走行88℃〜93℃、渋滞にはまると97℃まで上昇し
恐らくファンが作動して90℃程まで落ちてきます・・・
数値だけみれば若干効果はあるように思えるのですが、
通常走行で2℃程度降下、渋滞にはまると純正より勢いよく97℃ぐらいまで上昇してしまいます。

同じラジエターを使用したインプレッションを見ると通常80℃で安定とありましたが
私の場合と温度が大きく違うので。。。何か取り付け方や
エア抜き等・・・プロセスに問題があったのかなぁ??と不安に感じております。
何か、考える原因お分かりになる方おられるのであれば教えてください。
[2007年9月8日 21時29分34秒]

このテーマについての発言をどうぞ。
氏名
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
記事一覧に戻る