記事タイトル:カーボンボンネットの悲劇 


書き込み欄へ  ヘルプ
お名前: ○スカ   
カーボン・FRP・・・ガラスじゃないんだから。
まぁ〜FRPはグラスファイバー樹脂ですけど・・・

クルマ自体がNG?
[2008年8月8日 22時57分39秒]

お名前: ゆとり   
カーボンボンネット・FRPボンネットって、へこまないで割れるよね?
万が一、人を轢いた場合に被害者が死ぬ可能性は純正ボンネットに比べると、
どのくらい高くなるんですか?

合法ならどんな改造も個人の自由だが、合法だからと言って走る凶器に磨きをかけてどうするの?笑
[2008年8月5日 9時54分23秒]

お名前: 小太郎   
色々とご意見ありがとうございます。すでに整備会社.村上モータースさんから
対応の連絡をいただき またその対応の仕方にとても満足しています。そしてブログ
の方もみせていただきました。こういう遠距離での購入には不安でしたがロードスター
に対する本気さというものを感じてかえっていい経験をしたと思っています。
ボンネットの仕上りは非常に素晴らしかったので ぜひトランクもと考えています。
みなさん また色々と教えてください。ありがとうございました。
[2008年7月29日 8時3分8秒]

お名前: VS碧   
すでに村上モータスさんのブログで公式発表がありますので、憶測で書き込む前に
読んでみてはいかがでしょうか?
[2008年7月28日 21時48分51秒]

お名前: 盆ピン   
製造不良ですね。
私のは某オークションに出ているFRPのを付けています。
たまたまノーマルボンネットからボンネットピンになっていたので、そのまま盆ピン仕様にしました。
基本的にFRPもカーボンもキャッチの金具は周りを貼って固定したり、ボルトを埋め込んだりと
いろいろの固定がありますが材質の異なるもの同士ですから完全ではないですね。

出来ればボンネットピンを併用か完全にボンネットピンにしてしまうのがいいでしょうね。
まずはメーカーの村上モータースさんに状況を説明して対応して頂いて商品を改善して頂くのがいいと思います。
[2008年7月28日 19時51分8秒]

お名前: 安全に対するコンセプト   
クレームするかどうかは、とりあえず棚に置いとくとして、
死んでしまってからでは苦情を言えないので、やっぱり自分の安全は自分で守らないと
いけないと思います。ほんのちょっとの気遣いで、安全は大きく向上するものです。
壊れたらヤバイと思われる場所は、最後の砦的な追加処置をしとくと安全です。
たとえばスキーキャリアからスキーが落ちたら後続車が大変なことになるから、
ガムテープでぐるぐる巻きにしてキャリアに固定しておこうとか、
キャリアごとはずれても大丈夫な様にワイヤーで結んでおこうとか・・・。
そういうコンセプトが必要だと思います。こういうコンセプトが結局は
自分のためになるのだと思います。
[2008年7月28日 9時45分0秒]

お名前: げろげろ   
マツダスピードのボンネット(RX−7用)は走行中に外れ、リコールになりました。
たった1件だけでリコールです。 それくらい重大なトラブルと思います。

 製造物責任(PL)法と言う法律があります、物を作るからには安全でなければなりません。
 
 村上モータスさん又は整備屋さんが良い対応をしてくれる事を祈ります。
[2008年7月25日 23時46分3秒]

お名前: A助   
ボンネット側のナットが抜けたのならクレームは製造者へ
ネジが緩んで脱落したのなら締め付け不良でクレームは整備屋へ
[2008年7月25日 22時20分42秒]

お名前: 小太郎   
もしかしたら同じ様な書き込みがあるかも知れませんがお許しください。
昨日ロードスター取り扱いのショップで村上モータースのノーマル形状のカーボンボンネットをつけて大喜びしていたところ 今朝通勤途中でボンネットが走行中全開になり
死にかけました。高速道路も通勤につかっているのでもし高速道路走行中であったらと
びびっています。形状がノーマルと同じで一般走行であればボンネットピンがいらないという点が気にいって購入したのですが ロックする金物をボンネットにとめるボルトが4本共ぬけおちていました。こんな経験をした方はおられますでしょうか、またボンネットピンもつけずに走行している私がバカなのでしょうか?取付てもらったショップは
中古車で購入整備をずっとみてもらっているお店で信頼はしているのですが、車は平成
4年式NA6CEです。いろんな人の意見をきかせていただければたすかります。
[2008年7月25日 20時14分3秒]

このテーマについての発言をどうぞ。
氏名
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
記事一覧に戻る