記事タイトル:改造申請 


書き込み欄へ  ヘルプ
お名前: NA8   
以前、私がやったときのことです。
とりあえず雛形の書類を作って、陸運局に教えてもらうつもりでいったら
そのまま受理されて逆にあせりました。
そこの方いわく、MTの型式のある車でそのまま部品を使う場合、審査は特にしないそうです。(強度計算書も省略できました。)
必要な書類については、ネットでもさがせばINFOがあると思います.

「届出書」、「改造等概要説明書」、「改造部分詳細図」、後ミッションの変速比を書いた書類も付けたと思います。
整備要領の諸元表や指し絵を使ってすぐに作れました。
「改造部分詳細図」も車がNA8なので、エンジン、プロペラシャフト等は共通という事で
そのままパーツリストでATとMTで違う部品をピックアップし、記入しました。

正直、相当の覚悟をしていたのに拍子抜けでした。とりあえず自分でやってみてだめならほかの方法をあたってみる価値があると思いますよ。
[2009年1月22日 10時19分28秒]

お名前: 車検屋   
車検証の類別区分番号から諸元表で調べられればバレますよ。
[2009年1月20日 22時53分1秒]

お名前: fk@佐賀   
はるか以前に確認した曖昧な記憶ですが、
 車検証上はATとMTの区別記載はありませんので
そのまま何事もなく通るのではないかと思います。
[2009年1月20日 21時32分29秒]

お名前: 赤ロド   
同じモデルのMT載せ変えであれば、パーツリスト、AT車の仕様書
MT車の仕様書など比較する書類が有れば強度計算書は不要です。
意外と簡単です。
[2009年1月20日 18時53分8秒]

お名前: ユースケ   
正確な額は記憶にありませんが、構造変更の方であれば競技車両を作る際に何度か行った事があります。
車検の有効期限に関わらず、車検(継続検査)を同時に受け直す必要がある為そこそこの金額になります。
車検費用を除けば4000〜5000円くらいだったと思います。
(車検証の書き直しだけで、すぐに車を使用しない場合は倍〜1.5倍くらいの金額になると聞いた事があります)
改造申請の場合は、事前審査が加わるだけで費用は上記の+10000円程だったと思います。

いくつか書類はありますが、ほとんど陸運局の窓口で詳しい説明も含めて記入する書類をもらえるので
事前に準備が必要な書類だけ考えておけば問題ないと思います。
対象の書類が以下の通りです。
不要な場合もありますが
強度計算書
改造部位の図面
車両図面
が必要になる場合があります。
主に対象の部品を製造したメーカーから発行されていますが、強度計算書が無い場合(強度試験が行われていないor自作等)は専門家に依頼して作成してもらう必要がありますので
この様な場合はここが一番お金のかかる部分かもしれません。
金額は書類作成の代行業者さんによりますので、何とも言えません…(^^;

その他は通常の車検に必要な書類等があれば問題ないはずですが、どこか抜けているかもしれませんので
持込の予約も含め陸運局に一度問い合わせしてみると明確な回答をもらえると思います。
[2009年1月20日 18時27分33秒]

お名前: フェリックス   
ATからMTにした車なのですが、自分で改造申請するにはどのような書類が必要で、
費用はどのくらいかかるのでしょうか?
[2009年1月19日 1時4分9秒]

このテーマについての発言をどうぞ。
氏名
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
記事一覧に戻る