記事タイトル:左右でホイールベース1cmの違い 


書き込み欄へ  ヘルプ
お名前: ベシ   
もう見てないかもしれませんが・・・
私のNA6も右フロントをぶつけてしまい、右アッパーアーム、ロアアーム、ナックルを
交換しました。
しかし、ホイールベースが左右で2センチほどずれてしまい、アライメントを調整する際に
フロントは変心カムを左右で同じメモリにしても左右で同じアライメントにはなりませんでした。
妥協したアライメントで1年ほど乗っていましたが、思い切ってエンジンメンバーを交換しました。
交換は、車に馬をかけ、エンジンクレーン等でエンジンを保持すれば、エンジンを脱着することなく交換できます。
幸いフレームは曲がっておらず、エンジンメンバーの取り付けボルト穴はずれていませんでした。
原因はエンジンメンバーのアッパーアーム取り付け部の角度がずれていたことでした。
メンバーの取り付け穴がずれていなければ、エンジンメンバーの交換をお勧めします。
[2007年9月18日 23時3分23秒]

お名前: ふっきー   
Mさん、書き込みありがとうございます。
そうですね、なにぶんまだ自分が乗って感触を試していないので、自分で感じてからでないと
なんとも言えないですね。ラインでの組み立ての際にも新車でも誤差はあるでしょうから、
自分がどう感じるかですよね。今回は「ミリ」ではなく「センチ」という単位に驚いてしまった
訳ですが、自分が違和感を感じなければ許容範囲ですね。

銀ねこさん、書き込みありがとうございます。
ディーラーでは板金工場に持ち込んで、という作業ではなかったので、単純に前後のみを測った
ものだと思われます。事故前と事故後を比較したわけではないですから、フロントのみが原因
とは言えないというわけですね。ディーラーがフレーム修正にかけなかったのは、おそらく
許容範囲内だと判断したからだと思います(コストも含めて、でしょうが)。メカの担当の方が
「危険な状態でお渡しするわけにはいかないですから」と言われまして、実際路上テストもされ
ているので、その上での判断なのでしょう。「修正舵の原因がホイールベースの違いかどうか判断できない」と言われており、そのふらつき具合は確認しておりませんでした。明らかにおかし
いと指摘されている訳ではないので、通常走行の範囲内かと思われますが、明日にでも確認して
みたいと思います。
>あとはメンバーの取付けボルト&ナットを一度緩めるとズレたメンバーが戻ることがあります。
これはありがたい情報をいただきました。この点についても、ディーラーの担当者の方に確認
してみますね。
>以外とロードスターのメンバーはズレますよ。
あまり神経質になるのもよくない、ということでしょうか。レクサスの品質やレーシングカーの
精度を求めているわけでもないので、車も歳をとって行く訳ですから、皆さんのご意見で心が
楽になりました。ありがとうございます。
LWSの故郷は英国ですが、少しはラテンも入っていいんかな?なんて思ったりもしました。
[2007年8月29日 21時56分40秒]

お名前: 銀ねこ   
ホイールベースって単純に前後の車軸間を計ったのでしょうか?
極端に言うと同じホイールベースでも菱形になっていていれば変わりませんね。
今回はフロントを破損したので、まずリヤが正しい位置にあるのかが大事ですね。
NA・NBのアームブッシュはよくズレますから。
なのでフロントの破損だけで1cmの違いが出ているかにもよりますよ。

ディーラーではフレーム修正に掛けていないのですね。
何故でしょうか?

あとはメンバーの取付けボルト&ナットを一度緩めるとズレたメンバーが戻ることがあります。
無事な方の(この場合は左)は一応緩めません。
この時にパキッとか音がすればある程度は戻ったと思いますよ。
事故状況からすると私も同じ様に右を接触してホイールが割れて、アッパー・ロアーともに変形しました。
以外とロードスターのメンバーはズレますよ。
[2007年8月29日 20時32分42秒]

お名前: Mさん   
許容範囲だと思いますよ。
アライメントで有る程度合わせてやれば、乗っても
わからないんじゃないかな。

結局は、本人が気にするかしないか、かな。
[2007年8月29日 15時14分26秒]

お名前: ふっきー 訂正   
すみません、「ポジキャン」ではなく「ネガキャン」でした。ご意見というか、ご経験、ご感想も
おうかがいできましたら幸いです。特に、フレーム修正に関してなどです。検索して「横須賀
板金」様のHPは感嘆いたしました。
[2007年8月29日 4時47分3秒]

お名前: ふっきー   
皆さん、こんにちは。実は私、先月事故を起こしまして、愛車のNA8がディーラーに入院中なの
です。事故の方は無事示談が済み、大変反省をしておるところなのですが、ちょくちょくディー
ラーに寄っておりまして、説明を受けて勉強しながら修理を進めているところです。
事故で当たった場所は右フロントのコンビランプからタイヤハウスにかけてです。事故後、
右サイドウインカーは機能しておりました。タイヤがお相手の車に引っかかり、逆ハの字と申し
ましょうか、激トーアウトになってしまいました。右前アッパー・ロアアームが激しく曲がって
おりました。
修理の段階に入って、ダンパーはロッドが微妙に曲がったため交換(某ショップオリジナルの
全長式車高調)、上下アーム及びナックル・ハブはオークションで入手の「無事故・無修復歴車
からの解体」という商品を落札して、持込で修理をお願いいたしました。ディーラーもそのよう
な持込でもこころよく引き受けていただき、日頃からのお付き合いを大事にしていたことが
よかったのかな、と感じております。
ところが、いざ組みあがってみると、どうもアームを取り付けるフロントメンバーまで歪みが
発生していたらしく、タイトルにあるとおり左右でホイールベースに約1cmの差が出てしまい
ました。確かに、考えてみれば影響が出ていてもおかしくない個所です。フロントメンバーも
手持ちであるのですが、ここから先は不勉強なのですが、フロントメンバーの取り付けは長い
ボルトで複雑に固定してあり、単にフロントメンバーのみを交換するのは取り付けがほぼ不可
能、との説明を受けました。一応サイドスリップテストもクリアし、路上の実走テストも何度も
行っていただいたのですが、これまでのアライメントがややポジキャンでクイックな設定である
ことなどから、どこまでが路上のわだち・うねりによる修正舵なのか、それともホイールベース
の狂いによる影響なのかがメカの方でも判断しかねる状況だそうです。本来は右に流れていく
はずなのですが、それがはっきりと出ず、もしかしたらダンパーが今は右フロントのみ新品で
馴染んでないので、余計に分かり難いのかもしれない、とのことでした。言い換えれば、つまり
それだけまだ直進安定性は感じられる、ということかもしれません。明らかにまっすぐ走らない
状態ではありませんので。
とりあえず今回はあと何度か実走テストのあとアライメントで微調整していただくこととなって
おり、退院後に自分が乗ったときの感覚でアライメントの再調整をしていただく予定です。
でも、本来はすっきりしたいですよね、ハンドリングが自慢のロードスターなんですから。
とりあえずアライメントで「ごまかしておく」ことしか今はできないということですから。
そこで、皆さんにお尋ねしたいのですが、左右でホイールベースが1cmの狂い、というのは
やはり許容範囲外なのでしょうか。多少距離を走っている車なら、ありえる程度の許容範囲内
なのでしょうか。本格的に直すとなると、エンジンを下ろしてフレーム修正機にかけて引っ張っ
て、職人さんの目で仕上げを…ということになるのかな、とは思っているのですが、今回はそこ
までの予算もなく、一応外装が終わったら引き取るつもりでおります。とりあえず私自身が
乗ってみないことにはご相談も何もあったものではないのは承知しておりますが、今後の整備
プランを練るためにもご意見がいただければ、と思った次第です。
(あ、「廃車しなさい」というご意見だけはご勘弁くださいね)
なお、ここまでの修理費用は、時分で用意したホイールやアーム類やダンパーを除けば、工賃
のみの約3万円のディーラーへのお支払いでした。複雑に折れ曲がったアームを切開して交換
していただいたり、実走テストまでしていただいてアライメントを調整してもらっていることを
思えば、十分納得のいく金額だと感じております。
[2007年8月29日 4時24分24秒]

このテーマについての発言をどうぞ。
氏名
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
記事一覧に戻る