記事タイトル:タイヤ外径変更による距離補正計算式について 


書き込み欄へ  ヘルプ
お名前: ちか@   
まとばさん>
ありがとうございます!m(__)m
コレコレ!コレが知りたかったんですよ!これでやっと、眠れます。。。

NBさん>
いや、まあ、そうなんですが、計算式が欲しかったんですよ。
「d/D×走行距離=実走行距離」的な。

お騒がせしました。ありがとうございました。
[2007年11月28日 15時43分36秒]

お名前: まとば   
ノーマル直径をD、変更後の直径をdとすると
d/D×走行距離で良いのではないでしょうか?

具体例を挙げると
ノーマル:185/60R14→D=185mm×0.6×2+14inc×25.4=577.6mm
変更後 :195/55R15→d=195mm×0.55×2+15inc×2.54=595.5mm
d/D=595.5mm/577.6mm=1.0309903
仮にdでメーター読み10万km走行した場合
100000km×1.0309903=103099.03km実走したことになります。


で、あってるかな??
[2007年11月27日 21時6分10秒]

お名前: NB   
タイヤの円周を計算して、ノーマルタイヤとの差が
何割か計算すれば、その割合が距離に反比例しませんか?
[2007年11月27日 20時44分4秒]

お名前: ちか@   
インチアップ等でタイヤの外径サイズが変更された場合の、走行距離補正計算式を
教えて下さい。「積算メータ数値」と「タイヤサイズ」は分かっています。積算メ
ータ数値(走行距離メータ値)とタイヤサイズ(外径)から、実際の距離を求める
計算式をご存知の方が居られましたら、宜しくお願い致します。タイヤの残り山や
空気圧の差は“誤差”と割り切ります。

※昨夜から急に気になりだして、夜も眠れず、気も漫ろで仕事が手に付きません。
 どなたか、助けて下さい。m(__)m宜しくお願い致します。
[2007年11月27日 14時23分51秒]

このテーマについての発言をどうぞ。
氏名
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
記事一覧に戻る