記事タイトル:ブレーキのフェード・ベーパーロックに関する質問 


書き込み欄へ  ヘルプ
お名前: ライディーン・フェードイン   
最近の車であれば確かに一般道路を普通に走っていてフェードすることはないのでし
ょうね。私はフェードの体験があります。
車は、スズキセルボの2サイクル3気筒550cc、場所は富士スバルラインの下りです。
どんなにブレーキを踏んでもまったく効かない状態になりました。きな臭い臭いが車
内にもたちこめて危機的状況でした。
エンブレの効かない2サイクルであることを差し引いても生産当時の安全基準の低さが
伺われます。富士スバルライン程度でこれなので、本当にどこまで安全設計がされて
いるのか疑問を持っています。現代の車はそうでないことを祈っていますが、少なくと
も昔の車(約20年前)は、そこまでめんどう見切れないという設計でした。なので、現
代の車でも軽自動車で、下り坂で荷物をたくさんつんでいればフェードは起きると思い
ます。ATなら4サイクルでも近い感じは感じられると思います。とりあえず公道ではフ
ェードはほぼ絶対起きないということに関しては異論をとなえさせてもらいたいとおも
います。
[2007年12月25日 19時52分25秒]

お名前: わたすの場合   
 そうですよ、通常ちゃんとした状態なら確かに絶対ではありませんが、
「絶対」と呼べるぐらいフェードなんて体験できません。 

フル加速、フルブレーキングができる腕の持ち主でも、日本のような狭い地理条件
では、フェードを起こすぐらい下り坂は続かないといえるぐらいです。


真夏の暑い日、乗車人数は4人ではなく、5人+荷物満載で、下り坂が長くて
腕の良いドライバーでないとフェードまでいきつかないでしょうね。

ましてや、最新のセダン(普通のランサー)であれば、上記の条件でも
フェードなんてまずしないでしょう。
[2007年12月23日 13時18分56秒]

お名前: わたしの場合   
フェード体験、怖くてやれない。

普段、山道の下り:MT車なのでエンジンブレーキ使用、フットブレーキ
ほとんど使わない。親の重いAT車の時も、ODはOFF、場合によっては
2ndまで落とす。


一度、山道通って帰ってくる時、燃料残量少なくなって&途中のGS、開いて
いる保証ない時、燃費アップのために下りをエンジンブレーキほとんどかけず
に走ってきました。(昔乗ってた○ヨタ車はエンブレ使ったほうが燃費伸びた
が。RSは「アイドリング」のほうが燃費が伸びる・・・。)
坂も急なのでどんどんスピードが出て怖い。(AT車でもODなら同じ感じ。)
でもフェードやヴェーパーロックはもっと怖いので、ついついブレーキ引きずり
ながら走りたくなるのをこらえ、コーナーの手前でギューっと減速、その後は
自然落下のごとくスピードを出して・・・の繰り返しで、「走行風による
ブレーキディスクの冷却」を意識してたらブレーキのタッチはいつまでも変わり
ませんでした。

レースしたり、攻めるような走りをしない限り(&ブレーキ故障してない限り)、
「ブレーキを引きずりながら山坂道を下らない」「強めにブレーキをかけて減速
したら、走行風による冷却時間確保を意識して運転する」ことに注意していれば、
古い車でもフェードはしないと思います。(メリハリのある運転、ということ。)

スピードは出る方向になるので前走車への追突に気をつけなければいけませんが。
[2007年12月16日 22時46分24秒]

お名前: 長崎島流し   
みなさまご返答ありがとうございます。

確かに、少し停止して送風をとめたことがトラブルを誘発したのではないかと
その場ですぐに考えました。 また、もっとエンジンブレーキを多様していれば
防げたかもしれないとも思います。

しかしながら、もっとも気がかりなのが、その程度の走行でフェードが起こると
いうことが一番気にかかっています。

かなり昔の車は別として、普通の正常な状態の車だと、
ある程度腕に覚えのある人が真夏に、スポーティーな走りをしても
なかなかブレーキが利かなくなるまでフェードを体験するのは難しい
とまで、聞いたことがあります。

現在、社用車は整備にだされていますので、結果を聞いてみたいと思います。
[2007年12月11日 18時21分35秒]

お名前: ダウンヒル   
ブレーキのフェード症状は、連続的なブレーキ使用でパッドが高温化し異常が起こります。
ベーパーロックもブレーキの連続的な使用使用でブレーキシステムの温度が上がりブレーキ
フルード中の水分が沸騰することで起こります。

多くは走行中の過度な使用で起こると言われていますが、走行中であれば
走行風により冷却があるため、常識的な範囲ではフェードを起こさない温度範囲で
はあるでしょう。
ただ経験的には常識的な範囲でも高速走行(高負荷)からの制動で一旦の停止後、
そのすぐ直後のブレーキはフェードに近い状態に陥ることはノーマル車両ではあります。

>偶然、景色を見るために停車して、3分後走りだしてすぐにもう一度
>止まろうとふと考えた際に、ブレーキの異常に感じました。 

と記されていたので、おそらくはこれが主な原因だと推測します。
ブレーキは制動から停止まで温度は上昇を続けます、減速から加速といった
通常走行では、走行風により強制的な冷却が期待できますが、停止してしまうと
期待通りの冷却がされず、制動時に蓄積された熱が一旦ブレーキを加熱しますので
停止後から上昇を始めます。
多くのドライバーは短時間の停止であれば、ブレーキペダルに足を置いているかと思いますので
パッドがローターに接している為、パッド自体の熱はさらに放散されにくなり、表面温度が下がらないため動、き始めた直後の制動ではフェード状態に近かったと思われます。

また比較的おとなしく乗られてきた車両では、パッドへの加熱が低い為パッド材の一部成分の
馴染みが出ずに少しの温度上昇でガス化(煙、匂いを伴うこともある)してフェード状態を起こす場合もあります。

その後の制動力が回復したのであればメカ的ナトラブルは無いかと思われますが、
急激な加熱でパッドに損傷がある場合もありますのでブレーキの点検及び、
ブレーキフルードの交換をお勧めします。
[2007年12月11日 13時21分39秒]

お名前: fk@佐賀   
1993年式の車重1800kgの車で同じく雲仙下りでフェードからベーパ
ーロックになりました。 停車したら前輪両方からモクモクと燃えてるん
じゃないか?かと思える煙が(w)

状況は
 AT車で仲間のロードスターについて行こうとしていて(3名乗車ウチ
1名は乳飲み子)ギヤをDのままでタイヤを鳴らさない(足ブレーキだけの)
運転をしていて連続する下り坂をこなしていたらなりました。 もちろん適切
にギヤを使ってエンブレを使えば起こらない出来事でした。 ギヤは適切だっ
たでしょうか? 
[2007年12月10日 19時50分7秒]

お名前: 青い鳥   
年式・距離から推測しますとキャリパーピストンの固着もしくは戻りが悪くなったかスライドピンの固着もしくは動きが悪くなったのではないでしょうか。
結果的に引き摺りして熱を持ちフェードになったのではと思います。

推測の中での対策としては・・・。
キャリパーのオーバーホールと出来ればマスターの方もオーバーホールした方がいいですね。
パッドも新しいのにして、場合によってはローターも。
[2007年12月10日 13時32分52秒]

お名前: 長崎島流し   
*右フロントから煙が少し(見ているうちに大きくなった)でていましたが
左を確認したところ、同等に近い熱はもっていた(様)でしたので、
特に右フロントという感じにも思いませんでした。


正直個人的には興味のある体験ではありましたが、不意に下り道で起こったことが
恐怖でした。 偶然、景色を見るために停車して、3分後走りだしてすぐにもう一度
止まろうとふと考えた際に、ブレーキの異常に感じました。 
走りだしてすぐでしたので10km/hぐらいでしたが
速度がでてカーブであったらと考えると怖い経験でした。
[2007年12月10日 13時10分23秒]

お名前: 長崎島流し   
*ブレーキの引きずり等も意識してはいたのですが、感覚的に感じられませんでした。

*トータル1時間20分の運転で最初の1時間はほとんどが上りで、後の20分が
下りメインです。 その下り途中でトラブルが発生しました。

*煙が出たのは、右フロントです。 運転席+私の体重75Kg分付加が大きい分なのかと
考えました。

*ブレーキ液抜けがないか、軽く目視でブレーキ付近の確認と、エンジンルーム内の
リザーバータンクの確認はしましたが、特に見当たりませんでした。

*故意のフェードは、ブレーキに必要以上のオーバースペックを求めたくなかったのと
不意の時にトラブルになりたくなかったので、ブレーキの限界を知りたかった訳
です。 

*個人的には必要以上にフットブレーキに足をかけるとはしない様に意識はしています。
[2007年12月10日 13時2分4秒]

お名前: KOSU   
文面からすると、上り坂走行時に起きたように読めますが、

トラブル発生したのは、上り坂ですか、下り坂ですか?
煙が出てたのは、フロントですかリアですか?
煙はパットから出ていましたか?フルード漏れで漏れたフルードからの可能性はないですか?
トラブル発生後はどうされましたか?普通に乗れましたか?それともスポンジーでしたか?
サイドブレーキ引きっぱなしや、ブレーキペダルをフットレスト代りな運転はしていませんか?
ブレーキが固着していませんか?

これくらい分れば、識者からコメントあるかもしれません。

本当に、ベーパーロックorフェードかは分りませんが、これらは、
今の車だから発生しないということは無いので、そんなに車恐怖症に
なることはないと思いますよ。

それよりも、故意にフェードを起そうと試みた運転をするほうが恐怖です。
[2007年12月10日 12時35分54秒]

お名前: 質問   
トラブルを起こしたのは前輪でしょうか?後輪でしょうか?両方でしょうか?
[2007年12月10日 12時26分8秒]

お名前: NA8   
頻繁にブレーキをかけたり長い下り坂等で不用意にブレーキを踏んだまま下った等がなければ
何らかの影響でブレーキを引き摺っている(ブレーキの掛かった状態)と言う可能性があるかと
アクセルを抜いた時に失速感が強いようならわかりやすいかもしれませんが体感の微妙何くらい
軽く掛かってる場合もありますね
特に1時間以上経過して発生したのであればそんなに強く掛かっているわけでもなさそうですし乗った状態で感じられるか微妙なところ
自分で確認するのも良いですが重要な部分ですのでディーラーなどの信頼出来る整備工場ですぐに点検した方がいいと思います
[2007年12月10日 12時25分42秒]

お名前: 長崎島流し   
 主題の件ですが、NA6にのっていますが、車種はRSではないのですが
ここの皆さん詳しい方が多いのでよろしくお願いします。

 昨日会社の社用車で景色を見に長崎雲仙に行ってきました。
 車種:ブルーバード1996年登場モデル。18万キロ走行

簡潔にいえば、人生初めてのブレーキトラブルを経験しました。
ブレーキペダルがふにゃふにゃになり、ブレーキが利かなくなりました。
ベーパーロックと考えたのですが、車を降りてみるとブレーキ付近から煙が
でていましたのでフェードが発生したようです。 水はかけない方が良い
と聞いていましたが、煙が大きくなってきたので手持ちのお茶をかけました。

ブレーキがふにゃふにゃになるということはベーパーロックも併発していたので
しょうか??


一番気がかりなので昔の車は良く、フェードやベーぱロックを発生したと
聞きますが、90年代の車で発生したことです。 トラブルが発生したのは、
発車より1時間20分程経過した時点(その前1時間半ほど休憩)。
1時間程は上り走行で、タイヤが鳴るような運転はしていませんし、前に軽自動車
がいました。

車重1200kgほどで、乗車1名荷物ほとんどなしの状態です。気温は5度以下
標高800〜1000m付近??

今まで、真夏の暑い日などにRSや他の車種で故意にフェードを起こそうと
試みたにもかかわらずそれらしき現象までたどりつく運転すらできなかった私です。
わざとRSを純正パッドに戻したぐらいです。

スポーツ車種、ファミリーカーに限らず、概して車重がメインにブレーキの
容量でブレーキの耐久性は決まると利いたことはあります。小型トラックなど
荷物を積んでいたらたまに発生するとは知り合いがいっていましたが・・



なぜ、このような状況でトラブルが発生したのでしょうか??
車を飛ばして、4人乗車(+200Kg以上)の状況でも通常なら
トラブルは起きない用に耐久性があるのが普通だと思いますが。

車恐怖症です・・

長文になりましたが、よろしくお願いいたします。
[2007年12月10日 10時57分13秒]

このテーマについての発言をどうぞ。
氏名
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
記事一覧に戻る