記事タイトル:オルタネーター交換でイルミ,灯火類がちらつく 


書き込み欄へ  ヘルプ
お名前: 不具合王   
アンサー様>
リビルド品の保障期間が半年なので交換可能ですが、条件が整備工場での交換,工賃は保障対象外、とのことでしたので。。代替品を組んでもまた同じ故障になる恐れがあるので今回は新品を組もうと思った次第です;

Guaruneri様>
大変分かりやすく参考になるご意見をいただきありがとうございました!
肝心なことを書き忘れていましたが、車両はNA6CE(H5式)です;
使用したリビルド品はまさに3万円以下の安物でして^^;やはり安いにはそれなりの
リスクがあるということですね。。

これで、ようやくオルタネーター交換踏み切れそうです。
今回は、少し高くなりますが、ショップの新品を使用しようと思います。

お二方共、ご意見ありがとうございました!
[2007年11月29日 2時12分39秒]

お名前: Guaruneri    URL
不具合王様

オルタに関しては自身でNA8純正OH,FC3S流用、
NBオルタ改造+MR2レギュレータ流用
など苦労(?)してきまして私なりの意見を少し。

NBからはレギュレータはCPU内臓ですので車種はNA6かNA8ですね?

ディーラーにて点検されたとの事ですので
ベルトのスリップや配線の接触不良は無いとすると
レギュレータ異常の可能性が高く要交換と思います。
ブラシの接触不良も考えられますが可能性は低いと思います。
照明がちらつくのはレギュレータによる電圧制御に
不具合(ハンチング)があると言う事ですね。
オルタの負荷が変化して振動が出るのもそのせいではと思います。

リビルト品に交換との事ですがヤフオクなどで出品している安い物(3万円以下)は
クリーニングとベアリング、ブラシを交換しているだけの物が多く
レギュレータ交換する場合も安い中国製を使っている所も有るようです。(業者談)
通常純正品を使ってリビルトすると5万円以下では難しいと思います。

NA6,NA8のオルタは三菱製ですがブラシを交換する際ハンダを使います。
この時レギュレータに入熱して故障の原因になる場合があります。
業者によっては単独でブラシ交換はせずレギュレータAssyで交換してしまう
所もある位です。

今後の処置の方法としては(費用が安い順に)
\茲坤螢咼襯班覆鮃愼した所でクレームにて修理、交換してもらう。
中古品を購入してそのまま使用する。*注
C羝塗覆鮃愼してレギュレータを移植する。
そ秬吃品の新品レギュレータに交換する。
ゥ蹇璽疋好拭爾陵名ショップにて新品オルタを購入する。
NGBなどのしっかりした所のリビルト品を購入する。
Д泪張製秬吃覆鮃愼する。

*注
中古品ですがロードスター用以外にBHALPファミリア(9年式以前)
が低走行車が多く安くておすすめです。(NA8の場合)

そして念の為ですが、もう古い車ですのでもう一度配線の接触不良、
ベルトのスリップはチェックしたほうが宜しいかと思います。

暖気後に症状が変化するのは、ICレギュレータの熱影響で
水温センサーは無関係と思います。

参考になれば幸いです。
[2007年11月28日 10時30分59秒]

お名前: アンサー   
リビルド品の不良なら無償で交換できるのでは?
[2007年11月28日 9時18分9秒]

お名前: 不具合王   
みなさま、こんにちは。
だいぶ前からファンベルトの鳴きが気になっていたので先日、ベルト2本とオルタネネーター(リビルドもの)を交換しました。
その後、しばらくは異常がなく(鈍感なため気づかなかっただけかもしれませんが^^;)動いていたのですが最近になってエンジン冷間時にメータの照明やヘッドライト,テールランプ等の灯火類がちらつくようになってしまいました。
暖気後はだいぶおさまるのですが少しちらつきがあります。
ひどい時は走行時にも振動が起こります。

ディーラーに持ち込んで見ていただいたところオルタネーターの発電が不安定で
エアコンコンプレッサー作動時に電圧が落ち込みヘッドライトも暗くなることから、
ぎりぎりの発電能力、もしくは電圧が不安定といわれました。

診断の通り、オルタネーターを交換しようと思ったのですが、
もし他に原因があり、新品に交換しても改善されなかったらと思うとなかなか
踏み出せない状況なので、もし心当たりがある方がいらっしゃれば知恵をお貸しいただきたいと思い書き込みさせていただきました。

暖気後に症状が落ち着くので水温センサーの不具合?とも思ったのですが。。。

どうぞよろしくお願いいたします。
[2007年11月28日 2時13分0秒]

このテーマについての発言をどうぞ。
氏名
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
記事一覧に戻る