記事タイトル:スペアタイヤ降ろした場合の耐衝撃性能 


書き込み欄へ  ヘルプ
お名前: らんちゃ   
NBorNAは、あの位置からして想定はしていないでしょうね。
ボルト1本で留まっているだけですから。
そこまで考えている設計には見えないし・・・。
[2008年6月3日 17時24分49秒]

お名前: SヨX   
メーカーが想定した耐衝撃性能を低下させることになると思いますが、
死ぬ時は死にますし、そんなに気にしなくても良いかと思いますよ。
[2008年6月2日 23時7分21秒]

お名前: ALPHA   
積載スペース拡大のため、スペアタイヤを降ろし、
(1)パンク修理工具一式
(2)エアコンプレッサー、
それでもダメな時に備えて、
(3)パンク修理剤(いわゆるホルツ)、
最終手段として、
(4)JAFの会員証を備えました。

スペアタイヤは衝撃緩衝材の仕事の一部を担っているクルマがある
と、後になってから聞き、NBの場合を考えてみると、
確かに追突された時にはスペアタイヤが衝撃緩衝材の仕事の一部を
担っている位置に格納されるみたいです。スペアタイヤを降ろすのは、
そういう意味からは、メーカーが想定した耐衝撃性能を低下させる
ことになってしまうのでしょうか?
[2008年6月2日 17時18分58秒]

このテーマについての発言をどうぞ。
氏名
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
記事一覧に戻る