記事タイトル:恐怖!? クーラントが減っていく... 


書き込み欄へ  ヘルプ
お名前: ふみすけ   
こんにちは。
魚屋さんの症状、先月発生して修理しました。

原因は、エンジンのガスケット(ヘッドガスケットより下のガスケット。ピストンのすぐ上にある)の劣化でした。

走行距離は138000キロくらいでした。

静岡のロードスター専門ショップ作業してもらいました。
ガスケット交換のついでに、ウォーターポンプとラジエター、ラジエターホースなどの
不安要素を交換してもらい、ガスケットよりも上の部分のオーバーホールをしてもらったところ、
エンジンが生き返っちゃいました。ホント、笑っちゃうくらいでした。
ギアを入れっぱなしで減速していくと、アイドリング付近までエンジンの回転が安定するようになったのは嬉しい誤算です。

修理だけだと出費で悲しいですが、エンジンが元気になると
「修理じゃなくてチューニングしたんだ!」
って思えて嬉しいかも♪
[2005年9月17日 7時54分44秒]

お名前: 魚屋@北海道   
元くらさん
こちら北海道は日中の最高気温が25度くらいです。
朝方などは涼しくて気持ちがいいですよ。

エンジン内部のヒートスポット、恐怖ですね...
昨日も50Kmほど走行してから(途中全開走行含)
エンジンルームを確認してみましたが
LLCは減っていない様子。
ある日突然無くなっているから、
たちが悪く、困っています。

これから仕事が忙しくなる季節に入りますので、
車に乗れないその間に修理工場入りさせてやろうかと
思っています。

レスを書いてくださった皆様
どうもありがとうございました。
[2005年8月31日 9時44分41秒]

お名前: 元くら   
魚屋@北海道さん、もうそちらは涼しいのでしょうか?
さて、冷却液を補充しつつだましだまし使いたいと言う気持ちはわからなくも
ありませんが・・・当然空気は上方に行きます、最も冷却を必要とするヘッド部
そういう部分に熱ダマリというかヒートスポットができる訳ですから
ちょっと頑張って直した方が後の手痛い出費を避ける事になると思いますが・・・
[2005年8月30日 12時50分22秒]

お名前: 魚屋@北海道   
レスを下さった皆様に感謝いたします。

タイミングベルトを交換して4万キロ走行していますが、
この時の交換時にウォーターポンプを交換したかのかは
わかりません、恐らくしていないような気がします。

ホースやキャップをじっくりと見回しましたが、
漏れのあとらしきものは有りませんでしたので、
一番怪しいのはウォーターポンプのような気がしてきました。

超常現象やお化けの仕業よりも
恐ろしい結末が(金銭的に)待っているような気がします。

ウォーターポンプからの漏れだとしたら、
減ったLLCを継ぎ足しで対処するとして、
しばらく放置していても大丈夫なものなのでしょうか?
「金銭」と言う問題に直面する勇気を手に入れる為に
しばらく時間(お小遣い)が必要なもので...

質問ばかりになってしまいますが
よろしくご教授下さい。
[2005年8月30日 8時29分14秒]

お名前: メカニック   
つい最近、RSと平行して所持するDEMIOが同様の現象になりました。
結論はラジエターコアの穴あきで、小さな穴のためにLLCが目に見えて漏れるという
事はなく、少しずつ蒸発してゆき、不足分は冷間時にサブタンクから吸い込み、あっと
言う間に(一晩で)不足したというわけです。穴が開いたのは上部ではなく下部だった
為に、エンジン停止後しばらくしたら蒸発が止まり、減圧時には穴はLLCでふさがれ
ているために正規のサブタンクからのサイフォンチューブでLLCが補充され、
水がなくなったものと思われます。
速攻でラジエターを交換し、気分すっきりクルマ快調です。
[2005年8月29日 20時21分36秒]

お名前: それは・・・   
きっと、ウォーターポンプの寿命と思われます。
街乗りでは大して減らないのに、長距離や高速を走った後ではいきなり
LLCが減っている(突然、減って無くなっている)という状況でした。
年式、距離ともに「魚屋@北海道」さんとほぼ同じですので、これが一番
怪しいと思います。
あ、ついでタイベルも交換するといいですよ(場所が一緒なので工賃を浮
かせられます)。
[2005年8月29日 19時48分1秒]

お名前: NB1   
自分も以前NA6の時同じようなことがありました。
怖いのですぐディーラーに持ち込み液を補充してもらい、圧をかけてチェックして
もらったのですが、漏れている箇所はなかったとの事。その後液が減ることは
ありませんでした。

今はNB1なのですが先日昼間の暑い日に走行中、変な匂いがするのでボンネットを開けると
ラジエターキャップから液漏れしておりタンクの液が半分に。
キャップを純正品に交換した後キャップからの液漏れはおさまったのですが、こんどは
冷却水タンクからキャップの左横につながっているホースの差し込んである部分から漏れて
いたのでそこにクリップをつけてからは漏れはなくなりました。

この件以来、走行前走行後にかならずボンネットを開ける癖がついてしまいました。
[2005年8月29日 16時32分40秒]

お名前: ちょっとした隙間でも・・・   
 以前、某三菱のクルマに乗っていたとき、ラジエターホースの締め付けクランプがほんの少し
だけゆるんでいただけでけっこうなイキオイで減っていきました。みるみる減っていくので月に
小型ペットボトル二本分くらいの冷却駅を補給してました。

 漏れるといっても滴るとかいうことはまったくなく、外観的な異常と言えばゆるんでいた部位
からほんの1〜2ミリだけ例の緑色の液体がにじんで乾燥してこびりついていただけでした。

 冷却液は相当な高温高圧になるようで、完全に密閉されていれば液体のままでいられるけど、
ほんのわずかな隙間があればかなりの速度で気化蒸発するみたいです。
 あくまでも結果から推察したことですが(^^)ゞ

 というわけで、まずはホース周りを厳重にチェックすることからはじめるのが良いと思います。ほんのちょっとのゆるみや亀裂も見落とさないように。
[2005年8月29日 14時50分25秒]

お名前: 元くら   
ひぇ〜怖いですね〜

なんでもウォーターポンプのG/Kからの漏れだと蒸発して
わかり難いのだとか?
クランクプーリーを外して、クーラントの緑色が
付いてるかも?  オソロシヤ・・・
[2005年8月29日 14時31分46秒]

お名前: 魚屋@北海道   
夏の怪談話です...

ラジエターや冷却水ホースから、
クーラント(LLC)の漏れは見当たらないのに、
走行後に見てみたら、リザーバータンク内のLLCが
空っぽになる事件がありました。

これまでに2回、この現象が起こって、
減っている分だけLLCを継ぎ足してきましたが、
走行後、いつもLLCが減っているわけではなくて、
突然、減って無くなっているような感じなのです。
ヘッドガスケットから漏れ出して
エンジン内部に漏れているのでしょうか...

車は平成6年式のNA8C
走行距離は14万キロを越えています。

同じ経験を待たれた方、識者の方、
教えて下さい。
よろしくお願いいたします。
[2005年8月29日 10時32分23秒]

このテーマについての発言をどうぞ。
氏名
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
記事一覧に戻る