記事タイトル:オイルキャッチタンク 


書き込み欄へ  ヘルプ
お名前: エンジニア   
シリンダーヘッドカバー内のセパレーターとベンチレーションパイプ&ホースが
オイルキャッチタンクの役割をしています。チェックバルブとショートホースも
そうですね。
NA6で言えば、ヘッドカバー前側のクロムメッキパイプとそれに続くホース、
インテークカム側カバーから出ている茶色の樹脂部品と繋がるホースがそうです。
[2005年10月13日 21時37分31秒]

お名前: 自信はないのですが……。   
 あの、ロドスタのシリーズで、最初からオイルキャッチタンクが付いているのってないんです
か? 私のは、中古で買ったんだけど、付いているらしいですが……。
[2005年10月13日 2時15分2秒]

お名前: NA6CE   
オイルが黒いのがイヤなんでしょ?
3000キロも走らなくたって、オイル交換して一回エンジン回せばほとんど
真っ黒になるよ。
キャッチタンクをつける効果はあるだろうけど、オイルの色はどうにもなんないと思うが...
[2005年10月13日 0時54分41秒]

お名前: matoba   
一時期オイルキャッチタンク着けてましたが・・・

まったくオイルの類が溜らないので外してしまいました・・・
街乗りとかだとそんなもんなんですかね??
[2005年10月13日 0時53分50秒]

お名前: クスコとかいいんじゃないですか   
キャッチタンクはブローバイガスをキャッチしガス中の未燃焼ガス、オイル、スラッジ等と
気体を分離し受け止める器です。結果的には汚いブローバイガスが再度シリンダーに混入
する事を防ぎますからオイルの汚れは多少緩和されますよ。
しか〜し今の状態とそれ程変わりは無いでしょう。なぜなら目視で違いが判別できるほど
では無いからです。
でも付けてみたらよろしいのではないですか?それ程高い商品でもないですから
[2005年10月13日 0時35分50秒]

お名前: おそらく   
オイルクーラーのことを言っておられるのではないでしょうか。。。
1981年当時、ホンダの400cc二輪車CBX400Fに装備されていたオイル
クーラーは当局の認可が困難だったことと、最小限のオイル容量(ケース容量)で冷却
性能とオイル劣化を防ぐために装着されていましたが「オイルリザーバータンク」と
呼ばれていましたから、コンフューズされているか、勘違いされているかだと思います
が。。。。。。。
[2005年10月12日 6時25分25秒]

お名前: あのさぁ…   
オイルキャッチタンクって何する物かわかってないような気がします…。
[2005年10月11日 23時9分32秒]

お名前: 自信はないのですが……。   
 3000キロで真っ黒というのは、普通だと思いますよ。オイルの色そのものは、1000キロくら
いでもかなり黒くなりますから。問題は、その粘度でしょう。指でつまむようにしたときに、サ
ラサラと水のような感触であれば、交換時期を過ぎています。でも、3000キロくらいですと、
色は黒くても、充分にまだ粘り気があると思います。
 さて、「オイルキャッチタンク」ですが、それは、ブローバイガス(つまり、シリンダとピス
トンの間から漏れたガス)の中のオイルを溜めるところであって、もともと付いているのではな
いかと思うのですが……。
[2005年10月11日 22時39分6秒]

お名前: NA8C   
こんにちは、いつも楽しく拝見しています。先日オイル交換をおこないました、前回交換
してから3000kmですがオイルが真っ黒でした。性能の低下はあまり感じなかったのですが
黒いオイルが嫌で交換しました。そこでオイルキャッチタンクを付けることにより汚れ防止、性
能維持を狙っているのですか実際は如何なのでしょうか?ご教授願います。またお勧め商品が
あれば教えてください。
[2005年10月11日 21時18分1秒]

このテーマについての発言をどうぞ。
氏名
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
記事一覧に戻る