記事タイトル:B6対策品の見分け方 


書き込み欄へ  ヘルプ
お名前: われは   
103138だよん。
超初期型じゃん。
でも、快調快調!!
だいじょうぶだよ。
[2005年10月27日 0時34分31秒]

お名前: トミカ111   
本日ロドスタが帰ってきました!
早速車体番号を確認!
14XXXXでした。
そしてプーリーのスリットは8本でした。
対策後のエンジンのようです
情報を提供してくださった某T氏様、すぱ〜だ様ありがとうございました。
このエンジンと長く付き合っていこうと思います。
[2005年9月12日 22時34分6秒]

お名前: すぱ〜だ    URL
思い出しました!プーリーの外観でも見分けられます。
URL参照↓
http://www.miata.net/garage/crankshaft.html
左の写真が対策前,右が対策後。
つまりプーリーのスリット数が8本であれば対策後の
クランクシャフトで組まれていると判ります。
[2005年9月8日 23時7分22秒]

お名前: すぱ〜だ    URL
「対策」とは何ぞやという御質問ですが、俗に「クランク割れ」と呼ばれてる
故障がB6エンジン初期型で発生する可能性が極めて高くて、その対策として
マツダはクランクシャフトの先端径を太くしたんですね。
ズバリ外観でも区別できます。エンジンを正面から見て下部のプーリーの
固定ナットの径が大きくてツバに広がりのあるタイプは対策済みです。
「クランク割れ」ですが実際には「キー溝の広がり」というクランクシャフト
先端の変形が起きてしまう実に”致命的”な現象です。URL参照↓
http://yscradle.hp.infoseek.co.jp/Garage/engine/engine1.html
エンジンの不調の出方は様々なようで、徐々に調子が悪くなる場合もあれば、
イキナリ不動!てな場合もあるようです。
そもそも構造的てゆうかマツダの設計のミスなので、残念なことに対策後の
B6エンジンやBPエンジンでも実は「キー溝の広がり」が起きたケースが
あると聞いています。つまり我々ロードスター乗りには打つ手無しですねー。
クランク交換なんて一言で済む様な簡単なコトではないので、エンジンOHか
載せ換え、それか廃車!しか手の打ちようが無いから困ります。
ちなみに当方の元年式NA6の最初のエンジンは昨年20万キロで壊れました。
しかも今年もエンジンが壊れて(壊して?)、今はNB6のエンジン積んでます。
マツダのエンジンは壊れるモノだと諦めてます!
[2005年9月8日 22時29分16秒]

お名前: トミカ111   
某T氏様、早速のお返事ありがとうございます。
車体番号なら私でもお手軽にできますね。
修理中の愛車が帰ってきたら早速確認してみます。
対策後であることを祈ります
[2005年9月8日 21時21分37秒]

お名前: NA6   
引用させて申し訳ないのですが
ttp://www.asahi-net.or.jp/%7EVS6N-MRYM/zatu/b6/b6.html
このことですよね。
[2005年9月8日 20時6分28秒]

お名前: まち   
質問の質問よろしいですか?
私もNA6CE−127441以前のロドを所有しております。
「B6がクランク?対策」とは なんのことでしょか?
質問おねがいします。
[2005年9月8日 19時14分33秒]

お名前: 某T氏   
外見というか、車体番号で判断できるらしいですね
NA6CE−127441以前が対策前
ということになるようです。
[2005年9月8日 13時18分13秒]

お名前: トミカ111   
いつも参考にさせていただいてます。
過去ログやHPを検索したのですが探せず質問いたします。
H3年のNA6に乗っていますが走行距離18万舛鯆兇┐討い襪燭
OHを視野に入れ貯蓄中です。
が、現在所有のB6がクランク?対策なされてないものなら
対策されたB6に乗せ換えたいと考えております。
外見上で対策品か否かを判断できるところがあれば御指南よろしくお願いします。
[2005年9月8日 11時13分21秒]

このテーマについての発言をどうぞ。
氏名
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
記事一覧に戻る