記事タイトル:黄金の左。 


書き込み欄へ  ヘルプ
お名前: テンロク好き   
いつまでも素敵なふーさんでいてください(笑)。

こういう話題、マジで結構好きです。
[2004年1月13日 16時47分52秒]

お名前: 名無しさん   
ご苦労様です。
[2004年1月11日 3時37分23秒]

お名前: 通りすがり   
お疲れ様です。
[2003年12月30日 3時45分12秒]

お名前: ふー   
こんばんは。

社外品のクイックシフターと、ネジ目一杯まではいっている真球形状のシフト・
ノブを装備してまして、もはや慣れたとはいうもののやはり渋くて重いです。
キーを託した知人には大概びっくりされます。まぁそれでも日常困らない程度
には運転できてました。

今回、内装に手を加えようかと助手席に腰掛け採寸してたんですが何の気なしに
その状態にて右手でシフトレバー操作してみたらまともにシフト操作できません
でした。
通常の左手操作でも特に重くて入れづらい2速とリバースにはよっぽど りきま
ないとエンゲージできません。
運転で用いられる筋力が体の左右でこんなに別々の発育をしているとは考えた事
もありませんでした。
ちなみにステアリングもPSポンプだけを撤去した なんちゃって重ステなので
正調重ステを上回る汗かきハンドルです。いい汗かきますよ。
[2003年12月26日 17時20分28秒]

このテーマについての発言をどうぞ。
氏名
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
記事一覧に戻る