記事タイトル:NA8デフ流用について 


書き込み欄へ  ヘルプ
お名前: zek   
1年ほど前にデフブローさせてNA8デフにコンバートしました。
NA6デフの場合、デフオイルをこまめに換えようが、
傾けて油量を少しでも増やそうが、用途によって壊れるときは壊れます。
ましてや峠でブローさせた経験があるのでしたら、素直にNA8流用をお薦めします。
[2004年2月16日 15時53分40秒]

お名前: ケンケン   
烏龍茶HIDE様、細かく説明していただきありがとうございます。
移植するかどうかじっくり検討したいと思います。
[2004年2月16日 12時35分18秒]

お名前: 烏龍茶HIDE   
私の車もH2年式のNA6CE前期型ですが、NA8のSr.1のトルセンデフ一式を移植してい
ます。
「プロペラシャフトから後をポン付け出来るのでしょうか?」とのことですが、プロペラシャフ
ト(ボルト&ナットも)も込みで要交換です。
御存知かと思いますが、NA8にはシリーズ1とシリーズ2が在り、シリーズ1は減速比が4.1
で、ドライブシャフトがフランジでで分割出来るタイプ、シリーズ2は減速比4.3とNA6と同
じで、ドライブシャフトは内側ボールジョイント部分も一体になったタイプだったと思います。

NA6の場合、特にハイパワーチューンをしていない場合、4.1の減速比にすると感じとしては
タイヤサイズを1インチアップした時のような感じで、加速が悪く感じると思いますので、シ
リーズ2の4.3の方がお奨めです。(逆にターボなどの過給機を付ける場合には、4.3ではトル
クが有り過ぎるので4.1の方が静かで速いので、良いかと思います。)

NA8のデフは容量が大きく耐久力は有るのですが、その分重たくなるのでサーキット派の方で
も、NA6用をあえて使用し、予備として二束三文で購入出来るNA6用のデフをキープしてい
るという人もおられるようです。
特にハイグリップタイヤなどで、激しい走りをしないのでしたら、NA6用を安く購入するとい
うのも一つの選択肢としては良いのではないかと思います。
オイルの劣化がデフの寿命を著しく縮めるという話しを聞いた事が有りますが、ダクトで冷却す
るというのも手かもね!(確か1001は、そうじゃなかったでしょうか?)
[2004年2月15日 17時34分38秒]

お名前: 即答マン   
NA8のドライブシャフト、プロペラシャフトがあればポン付けです。
[2004年2月15日 17時20分45秒]

お名前: ケンケン   
先日峠で坂道発進と同時にデフ周辺からものすごい音を立てて何かが
壊れました。後日オイル漏れが発見できたので多分デフだと思われる
のですが、まだ正確にはわかっていません。
それでNA8のトルセンデフを流用しようかと考えているのですが、
プロペラシャフトから後ろをポン付けできるのでしょうか?
分かる方いましたら教えてください。車はNA6前期型です。
よろしくおねがいしますm(_ _)m
[2004年2月15日 16時40分8秒]

このテーマについての発言をどうぞ。
氏名
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
記事一覧に戻る