記事タイトル:ラジエーターホースについて 


書き込み欄へ  ヘルプ
お名前: 烏龍茶HIDE   
ちょうど一年前に同じようなことに出くわしました。(^o^))
私の場合はもう少し重症で、ラジエターのクーラントの管理をサボッていたツケが回って来たと
いう感じで、濃度の薄くなったクーラントのせいで、エンジン内部のサビが進行していました。

具体的には、金属パイプ部分(ヒーターホースに行くパイプやサーモスタット周辺のパイプ等)
が内部でボロボロになって肉厚が薄くなり、サーモスタットの横のパイプが折れました。

その数日前にエンジンルームから、走行後に何か耳慣れない音がしていたので、点検したらラジ
エターキャップの中の負圧弁が錆びて固着しており、ラジエターホースが負圧で潰れてペシャン
コになっていました。

ちなみに私のはH2年式のNA6CEです。
もし私同様にラジエターキャップの負圧弁などが錆びていたとしたら、エンジン内部にもかなり
錆びが進行していると思われます。
特に薄い金属のパイプ類は錆びが進行していると内部がボロボロになっていることが有りますか
ら要チェックですよ〜!
[2004年2月20日 21時6分20秒]

お名前: NA6CE   
御前崎市民さん、XPさん、
どうもありがとうございました!
早速チェックしてみます!
[2004年2月20日 20時8分42秒]

お名前: XP   
御前崎市民さんのレスで十分とは思いますが、あえて・・・

ラジキャップとは?
 :単なる冷却水の蓋ではありません。
 :圧力弁と負圧弁というものが付いています。
 :水温が上がり圧力も上がると水はラジからリザーブタンクへと移動
 :水温が下がると負圧弁が作用し、その逆になります。
つまり、水はラジとタンク間を行ったり来たりしている訳です。
ラジキャップの交換を、とりあえずお勧めします。ご参考までに!
[2004年2月20日 19時38分4秒]

お名前: 御前崎市民   
それってラジエータキャップが壊れているか、リザーブタンクまでの配管が閉塞しているのでは?
NA6ですが12年間なったことがありません。
Dラーに電話しましょう。
[2004年2月20日 15時6分42秒]

お名前: NA6CE   
こんにちは。
先日、ボンネットをあけて気付いたのですが、
ラジエーターホース(アッパー)が負圧が
かかっているのか、思いっきり”ペシャ”っと
つぶれておりました。
これってどういうことなのでしょうか・・・
放っておくとまずいでしょうか・・・
ご教授いただければ幸いです。
[2004年2月20日 14時58分57秒]

このテーマについての発言をどうぞ。
氏名
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
記事一覧に戻る