記事タイトル:コーナーウエイト 


書き込み欄へ  ヘルプ
お名前: コーナーウエイト調整   
どうもこんにちは。
朝 夕@風来人 さん。
レスが付いてると知らず、お返事遅くなりました。
コーナーウエイト調整した時は、ちょうど、そのショップに専門の(よく分かっている)
方が不在の時にやりまして、はじめは低い方が重心がかかるから重いだろうと、
他の店のスタッフとやり始めたら、後で考えたら当たり前ですけど、車高を上げる方に
動かすと荷重が大きくなる事がわかって、あちらを下げ、こちらを上げと、かなり
時間を費やしました。まぁそれで、車高の上げ下げぐらいでは左右の重量の合計や
前後の重量の合計はほとんど変える事が出来ないことを実感しました。
多分、1,2ミリの上げ下げなら、
右前輪を上げた量≒左前輪を上げた量=右後輪を上げた量だと思いますが、結構
なんで、そこが変わるの?!の連続で、対角線の合計ををたしか+−5Kg程度
の範囲に収めるのに結構手間どりました。この体験の結果、前後の上げ下げで
アンダー、オーバーのハンドリングが変わるのは荷重の問題は小さくて、アーム
の角度やプリロードの変化量の影響が大きいんだと理解できました。
で、ごめんなさい。
右前輪を上げた量≒左前輪を上げた量=右後輪を上げた量であるかどうか、
はっきりとは分かりません。(ちゃんと、アライメント角が自由に動く台
(名前を知らない)を車輪と重量計の間に挟んで、方法はきっちりとして
やりました。)そのまま重量計に乗せるとタイヤが滑らない分、重量計の
値が変になるみたいです。  とにかく、あれは良い勉強になりました。
[2004年2月29日 4時58分56秒]

お名前: 朝 夕@風来人   
こんにちは、コーナーウエイト調整さん

右前だけ上げたら、右斜め前と左後の対角線重量が反対の対角線重量より50Kg
ぐらい多きくなり、結局、4箇所とも車庫調いじり、対角線重量をぼほ同じにした。
とのことですが、右前輪を上げた量≒左前輪を上げた量=右後輪を上げた量
にはなりませんでしたか?
雑誌なんかに載っているコーナリング・ウエイトのデータから物理的な計算をすると
だいたい上記のような予測になので、結局、単純に左後輪のみを下げてバランスを
取ればいいのではないかと考え、自分のロードスターではそのように調整している
のですが、実際のところはいかがなものなのでしょうか?
[2004年2月28日 13時4分23秒]

お名前: HAMA   
ありがとうございます。
オイルクーラーを付けるのに、左右のどこらへんにつけようかと考えてまして
軽いほうに付ければ、少しでもましになるというか、左右差を助長しないですむというか
ぞういう目的で調べております。
[2004年2月26日 10時8分48秒]

お名前: コーナーウエイト調整   
測定と調整した事あります。どんなに頑張っても左右は合いませんよ。
運転席に乗車状態で右側が30kg以上重かったですね。エアコンあり、パワステありで。
左右の高さ、前後の高さは見た目で合わせて、対角線の重量の合計値が同じになるよう
に合うように車庫調いじるのが正しいようです。前後の重量差、左右の重量差は(両輪
の合計)頑張っても10Kgも変わりません。ただし、アームの角度や、アライメントが
変わる事、プリロード量が変わる事でハンドリングが変わります。これはコーナー
ウエイトで招請する必要はないですが。

たとえば、何となく右前-左後を軸に斜めに揺れる(机や椅子で脚がひとつだけ短いようなときに斜めにガタガタしますよね。そんな感じです。)ような時、コーナーウエイト
が力を発揮します。そもそも面(車体)は3点あれば支持できるのを4点で支えてる
ので対角線で荷重バランスが狂ったりするわけです。

ちなみに調整前は右前が下がるのを嫌っていて右前だけ上げていて(見た目は左右同じ
前後の左右同じ)、右斜め前と左後の重量合計が反対の対角線より50Kgぐらい多かった
です。これだけ違うと乗っていて分かります。調整でぼほ同じにしました。
もちろんそれでも左右の高さは前後同じになるように調整しました。(だから、4箇所
とも車庫調いじりました。結構時間かかりました。)
[2004年2月26日 3時7分46秒]

お名前: HAMA   
NB8CまたはNB6Cのコーナーウエイト測定値をお持ちの方がおいででしたら教えてくだ
さい。
その測定値の事例のサスペンションが、ノーマル、ノーマル形状ローダウン、車高調のどれ
か、また左右で重さの変わる部品変更(軽量バッテリー、運転席のみバケット、キャブ、タコ
足など)があるか、あわせてお知らせくだされば幸いです。
[2004年2月25日 22時58分47秒]

このテーマについての発言をどうぞ。
氏名
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
記事一覧に戻る