記事タイトル:You Can't Hurry Love 


書き込み欄へ  ヘルプ
お名前: 拙 様。   
コンバンワ、多分貴方はあの方ですね。
ワカイ様はおおむね貴方が思い浮かべておられる方ではありません。
NBだったら触媒の前に据えてみてはどうだろう、あれ。
後ろのジョイントに挟もうとしたでしょ。違う?

メーター埋め込み。これもまたおおむね貴方のご想像を越える荒ワザですよ。
時計着けたんですか。見てあげますから なんかください。

最近は誰とどこで遊んでるんだい。
[2004年2月17日 0時21分12秒]

お名前: もうワカクない拙   
こんばんわ
ワカイ様より数日早く大台にのったモノです。
件のサイレンサーを購入したものの、NBマフには微妙な出っ張りがあって挫折しました。

ヘアドレッサーの彼、メーター付けられましたか。
最近かまってくれないのでさみしい限りです。
私は時計を埋め込んでみました。機会がありましたら一度ご覧あれ。
[2004年2月16日 23時53分8秒]

お名前: ワカイ 様。   
コンニチワ。
ラインナップには黒文字盤もあるのですが当日の店頭には真空計はあの個体1個だけでした。
Uパーツ屋さんなので多くを望めません。
黒文字盤といってもカーボン柄なんですが。そんなに悪くないですよ。
連れてって戴いて憶えたばかりの新規店が早速役に立ちました。
床山さんからなにかいいもの貰ってください。

Gibvon だったかな、ギブボンです。新潟の友達が騙されて買ったそうです。
ふたつ目の b だか v だかが一見 s に見える騙し絵みたいなロゴだったそうです。
ほんとにあるんですね。見てみたかった。
その彼のバンド、Charの前座に出た事が唯一自慢のタネだったのですが僕がCharを知ら
なかったので大層責められました。
[2004年2月16日 15時32分15秒]

お名前: ワカイ   
私にはちょっとポップすぎる感じにました。あの値段なら納得ですけどね〜。
知人の趣味の良い方がスミスのバキュームつけてますが、あれはかっこいいです。

誉めたのでなんかください。

dadidasは知ってるけどGibbonはなんでしょう?楽器屋?
[2004年2月16日 13時53分26秒]

お名前: 若井 様。   
コンニチワ。

動くものに飛びつくのが男の子なら、動かなくなったものに飛びつけるようになれば、
これは、もういっぱしのマニヤってもんです。
マニヤ熱が昂じて葬儀社に就職した主人公のアメリカ映画、ありましたね。

ところで。あのメーター面白いですね、Auto Guarge。
メーカーロゴが点灯時に光るのが僕的には嬉しい誤算でした。彼は眩しいと言ってたけど。
Auto Meterの dadidas/Gibbonでしょうか。値段聞きました?新品だよぉ。
[2004年2月16日 12時6分28秒]

お名前: 若井修      
昨晩、バキューム計を見てまいりました。
さすがのフィッティングに参りましたの一言であります。

彼になぜにバキュームなのか?と聞いたら、『ピコピコ動くから』とのことでした。
素敵な受け答えですね。動くものに飛びつくのは男の子の基本です。
[2004年2月16日 11時30分19秒]

お名前: 若井 様。   
コンバンワ、今しがたテストランから戻りました。

あのアフターマーケット品 一番人気のマフラーの血族とはよもや思えない音に
変わり果てた排気音、慣れちゃったのかなあ、当初より苦にならなくなりました。
でもなさけない音。
音量だけは徐々に装着前に戻って行く感じ、あります。なんだかなあ。

スロポジ制御にしたままなので低回転域でのパーシャルでは気ぃ抜くと相変らず
がっくんぎっくん来るし。抜けが悪くなった分 下が増えた印象も気のせいだった
みたい。
今回は敗退です。工賃はあきらめて下さい、痛み分け、というわけで。お友達。

若井君のヘア担当クンご尊車にバキューム計を据えるのやら手伝ったげたら豚野家
の豚キムチ丼ご馳走してくれました。貧しい青年にたかるなんて胸が一杯になって
メシが喉通りません。450円並盛。
[2004年2月15日 18時10分22秒]

お名前: 若井修   
こんにちは。

音はなじみましたでしょうか?
でも、静かになってよかったです。

これで、安心して工賃1万円徴収できます。溶接は2千円。
1万円はツケになってますので安心してください。
いつも安心、ニコニコ雪だるま方式です。

『恋はあせらず』、デキシーチックスもカバーしてますね。
最近CMになってるのはこの人たちです。
[2004年2月15日 16時23分57秒]

お名前: ふー   
コンニチワ。

排気音の音量が甚だしくなり過ぎたので触媒の直後に挟み込むスワールサイレンサー
なるものを入手しました。
その店での\1万との取付け工賃を耳にして 買いに行くのに付き合ってくれた若い衆
が 僕がつけてあげますよと申し出てくれたので厚意を受ける事にしました。
モノは一枚板へ4分割の扇形に切れ込みが入れてあり円周の切込み残しを支点にひねる、
そのひねり角で消音/抜けの按配を加減する仕組みのシンプルな仕掛けですが中心の、
切れ込みの交点を、フィンに角度を附けた上で溶接する加工だけでも引き受けて貰える
と言う事だったので 消音優先寄りにて加工をお願いし 引き取ってました。
拙宅に戻り早速彼が車の下に潜ってくれました。

取り付いた感じは 耳に刺さる中回転域の音がマイルドになったかな。
アイドリングでは劇的なトーンダウンにはなりませんね。
覚悟していた事ではありますが全体に音がくぐもって華は無くなりました。うらやまし
がられる音質ではありませんね。
取付け後20数kmほど走って取付け直後からややニュアンスが変わった印象ありますので
今しばらく様子をみたく思ってます。

若い衆が作業してくれた折り自分も潜ってマフラー引っ張っていたので工賃の半分の
\5000ください、と彼に申し出てみたら いいですよ、その代わりその前に僕に\1万
ください と切り返されてしまいました。成る程、彼はまったくもって正論を言う。



○○君、「恋はあせらず」のカバー、フィル・コリンズでした。私信深謝。
[2004年2月12日 13時31分58秒]

このテーマについての発言をどうぞ。
氏名
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
記事一覧に戻る