記事タイトル:純正形状のスプリングとショックの組み合わせ 


書き込み欄へ  ヘルプ
お名前: イナカッペ   
NEW NR specialやClimb Gearでローダウンスプリングでは確実に底着きするでしょう。
もうちょっと奮発してショートストロークのBuss Specの方が後悔しないと思いますよ。
8段調整ですし・・・
[2004年2月12日 20時32分40秒]

お名前: 降りた人   
NA6にRSR+クライムギアの組み合わせで乗ってた時期があります。
底付きしまくりで、正直なところお勧めできません。
乗り心地を気にするのであれば、ストロークは極力確保するほうがいいかと。

ちなみにバンプラバーはNAのものを使っていました。
NBのウレタンのやつなら若干印象は変わるかも知れません。

安いダンパーというならポテンザ改なんてどうでしょう?
過去にこんなスレもありました。
http://www2s.biglobe.ne.jp/~corn-s/message2/263559934058325.html
[2004年2月11日 20時30分3秒]

お名前: zx   
下の人が挙げてるのも良さそうですし、これもなかなか良さそう。
http://www.poweraxel.com/mazdaspeed/news/news2004/ms002.html

SR-specialなどと比べると、価格帯がだいぶ上がってしまいますが…
[2004年2月11日 17時5分57秒]

お名前: xxx   
バンプラバーカットしても底付きするよ。
前から気になってたんだけど、純正形状ならこのバネなんかいいんじゃない?
http://www.ne.jp/asahi/rs/stage/parts/chocolat.htm
+NBアッパーとか。

普通のローダウンスプリング買ったら後悔する。間違いない。
[2004年2月11日 11時39分0秒]

お名前: **   
ノーマルショック+ノーマルバネ+NBアッパー=乗り心地そのままで車高2cmダウン
…らしいですよ。
[2004年2月11日 1時57分30秒]

お名前: yyyy   
皆様、
パンプラバーをカットするかNB用に交換すればOKよ!
ということは、純正ショックで良いんだったら、バンプラバーを交換(カット)すれば、3cmくらいのリアの車高ダウンは、街乗り程度であれば、底突きはめったにないという認識で正しいでしょうか?
[2004年2月11日 0時9分41秒]

お名前: バンプラバーカットのことで         
zzz さん、ありがとうございます。
[2004年2月10日 19時27分19秒]

お名前: zzz   
細い方を残すのが基本でしょう
太い方を残したら、衝撃の立ち上がりが強くなってしまいますね
耐久性は、当たり方しだい 切り取りすぎに注意
[2004年2月10日 16時33分7秒]

お名前: バンプラバーカットのことで      
すみません。お聞きしたいのは、カットするのは細い方か太いほうか、
ということです。

細い方を残してあげたら、乗り心地良くなるのでは、と思いまして。
耐久性は減るでしょうが。
[2004年2月10日 16時20分59秒]

お名前: バンプラバーカットのことで   
便乗ですみません。

バンプラバーって三角錐みたいな形してますよね?
カットする時は、どちらを切りますか?

NBのバンプラバーを少しだけカットしようと考えているのですが。
よろしくお願いします。
[2004年2月10日 16時18分1秒]

お名前: zzz   
↓ パンプラバーをカットするかNB用に交換すればOKよ!
[2004年2月10日 14時19分45秒]

お名前: ピンキッシュレッド   
ノーマルショックにRS☆Rの組み合わせですが、常に底付き状態です(NA6)。
[2004年2月10日 12時0分51秒]

お名前: YYYY   
教えてください.NA6CEで,
KYBのNEW NR specialかClimb Gearにkg/mgやRSR等のローダウンスプリングを組み合わせよう
と考えておりますが,車高がノーマル比3cm程度落ちるスプリングでは,リアの底付きはよっぽ
どの走りをしない限り大丈夫でしょうか?Buss Specとかはショートストロークとなっているの
で大丈夫だと思うのですが,以上のような組み合わせの方,書き込みしていただけませんか?
過去ログを見させていただきましたが,私の答えになっているものを見つけられませんでしたの
で,新しく書き込みさせていただきました.
[2004年2月10日 10時36分13秒]

このテーマについての発言をどうぞ。
氏名
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
記事一覧に戻る