記事タイトル:右コーナリング時の視線 


書き込み欄へ  ヘルプ
お名前: あおぞら   
えもさん、アドバイスどうもありがとうございます。返事遅くなりました。
実際に山道で試してから返信しようと思っていたのですが、まだ行けてません。

頭の位置を固定するというのはどうやら正しいようですね。
視線に関しては、今まではなるべく前に前にと流していく感じだったので
アドバイスは新しい方法として参考になります。ただ、街乗りで試してみた
ところあまり今までと違いはありませんでした(というか、街乗りでは何故か
Aピラーが気にならないので)。

最終的にAピラーが気になるか否かは、「慣れ」のようですね。
[2003年8月28日 8時47分51秒]

お名前: てんきあめ   
私もあおぞらさんと同じようにAピラー邪魔だな〜って思ってました。
えもさんのご意見参考になりました。
なるほど、ポイントに集中するんですね。
今度走りに行くとき実践してみます!
[2003年8月26日 20時48分17秒]

お名前: えも   
ロードスターのAピラーの太さで邪魔なんて言っていたら、最近の衝突安全対策
ボディーの車は運転できませんよ(^^;;;

それはさておき、あおぞらさんは走行中の視点の置き方に悩んでいらっしゃるよう
なので、私のつたない経験からアドバイスです。

・ポイントを決めて、その視点を変えないで進む
・そのポイントに近づく前に、次のポイントに視点を移す

と言う感じで、走行につれて視点を流さないで、決めた視点を順次変えてゆく、
という走り方をすると、基準位置とそれに向かう動きが連続して見えるようにな
るので、一瞬Aピラーに邪魔されても、車の挙動を制御しやすくなります。

で、そのポイントの決め方ですが、

・直線では、次のコーナーに切り込む位置 =一番outに寄る位置
・コーナーに入る前には、クリッピングポイント =一番inに寄る位置
  →初めてのコーナーで解らないときには、見える範囲で一番奥の内側
   入っていってもっと深かったら、出口が見えるまでそのままinべたのイメージ
・コーナー中は、コーナー出口の脱出位置 =一番outによる位置
・コーナー出口では、次のコーナーの切り込む位置・・・・

と、つなげてゆくイメージが良いと思います。
肝心なのは、車の前後左右Gや自分の操作で、頭が動いて視点が動いてしまわないように
注意することと(首を固める)、視点を置いたポイントを通過する「前に」、早めに次の視
点を置くことです。

そのうちAピラーも気にならなくなると思いますよ。
ご参考まで。
[2003年8月24日 17時16分56秒]

お名前: あおぞら   
峠道なんかで右コーナーを曲がるとき、Aピラーが邪魔じゃないですか?
以前は、顔を左側に倒してフロントウィンドウからコーナーの先を見ていたのですが、
長い間走り続けると肩がこってくるので、最近では顔の位置を固定して、三角窓や
サイドウィンドウからコーナーの先を見るようにしています。
しかし、三角窓からフロントウィンドウに視線を戻すときに、一瞬自車の位置を見失う
ような感覚が抜けません。実際に、自分のイメージしたラインとずれていることもしばしば
です。
また、視線の先とAピラーがちょうど重なるときは、本当に運転しにくい思いをしています。

皆さん、どのようにしてますか?正しい方法って決まってるのでしょうか?

追加で上記に関連した質問ですが、コーナリング時の視線はどこを見るのが正しいの
でしょうか?私の場合、次のようにしてますがどうでしょうか?
一般道の峠道で前走車がいない、攻めはしないが普通の流れよりは速い、を想定した場合、
・コーナー先の直線が見える場合は直線のある程度先
・コーナー先の直線が見えない場合は見えるところまで。ただし、U字カーブの場合は
  真横を限度(それ以上先は見ない)。
また、コーナーの局率によっては、真正面は見えていない。歩行者や障害物は事前に
見ておく。
[2003年8月24日 3時3分2秒]

このテーマについての発言をどうぞ。
氏名
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
記事一覧に戻る