記事タイトル:高圧ガスショック?低圧ガスショック? 


書き込み欄へ  ヘルプ
お名前: くり   
ご意見、ありがとうございました。

ショックの形式にも左右されるようですね。また自分でも調べてみます。
足回りって、悩みだすとホントにキリが無いですよねぇ・・・。
[2003年5月12日 1時32分28秒]

お名前: NO NAME   
うる覚えですが、複筒式ではリザーバ室、単筒式ではフリーピストン下部に封入されている窒素ガスのガス圧が10kgf/c岼焚爾世板祕汽織ぅ廖15〜20kgf/c屬曚匹△襪茲Δ覆發里蝋皸汽織ぅ廚箸気譴討い襪茲Δ任后
単筒式でも低圧タイプはあるようですが、複筒式の高圧タイプは見たことありませんね‥‥
おざなりな説明ですが、高圧タイプはガス圧が高いのでゴツゴツした乗り味になるとか、低圧タイプはガス圧が低いから乗り心地がよいと言われることもあるようですが、
ショックの性格は、内部パーツの精度やメーカーの狙いなどが絡んで決まってくるのではないかと思います。
[2003年5月9日 22時32分20秒]

お名前: くり   
いつも参考にさせていただいています。

最近、社外交換品のサスペンションの表記でよく高圧ガスショック・低圧ガスショックという表現を目にします。
高圧・低圧ってどのように分類されているんでしょうか?
その高圧・低圧のメリット・デメリットも併せて教えていただけるとありがたいです。

どうぞよろしくお願いします。
[2003年5月8日 10時52分16秒]

このテーマについての発言をどうぞ。
氏名
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
記事一覧に戻る