記事タイトル:スパルコREV使ってる方 


書き込み欄へ  ヘルプ
お名前: 座高調   
皆さまありがとうございます。
やはり座面を下げる場合は内装との干渉は避けられないようですねぇ。
シートを削るとFIAの公認が無効になるってのは初耳でした。
メモメモ、ってレースでられませんが。
座ったなかでは一番しっくりくるシートなんですがね。
とりあえず保留です。
[2003年1月23日 20時11分49秒]

お名前: Schwartz   
私もNA6にREV2+CAUTION(=イントルーダー)の
Lサイズのセットで使ってます。
178cmの身長の割には、気持ち前よりのポジションで使用してますが、
1、前後調整ををあまり前よりにセットしないで
2、シート後ろ側の穴をシートレール穴の下段に固定、
3、シート前の穴をシートレールの穴中段に固定
すると、右肩部はドアのクッションに若干触る程度で済み、
シート左前の干渉は、取付のときに気合を入れて何とかしました。
(分かりづらいかな?この説明じゃ・・・)

前の穴をレール上段に固定すれば、もう少し寝た姿勢になるので
シート左前の干渉はもう少し少なくなると思いますが、
ロールケージ等への干渉を考えなければいけないかもしれませんね。

ニーレックスさんの「一部加工を〜」というのは、
「レールがLやLLサイズでの前後調整を前のほう固定したとき」
とかを言ってるのではないでしょうか。私は加工してません。
身長、ポジションを考慮してからニーレックスさんやトリプルAさんに
相談されればOKだと思います。

REV2は肉厚、やや大きめ、やや直立姿勢ですが、個人的に気に入ってますので、
座高調さんも気に入ったポジションで使えるといいですね。
[2003年1月21日 11時13分35秒]

お名前: akira   
シートを削るとFIAの公認が無効になるってスパルコR&Dで聞いた事が有ります。
競技に使うなら要注意です。

自分の車はロードスターではないですが、シートレール組んでもらう時に
「あと1センチ右!」とか、かなりワガママ言ってジャストポジションになるまで
溶接しなおしてもらってドラポジも内張りとの干渉も文句無しなので、
ワガママの通用する(応えてもらえる)ガレージを見つけるのも一つの手では?
[2003年1月21日 1時16分47秒]

お名前: kensam7    URL
 私もREVを使っていますが、シート高を下げる程ショルダーがドア内張に干渉する度合
いが強くなります。そこで干渉を避けるために左にオフセットすると、今度はシート座面
の左先端がセンタートンネルに干渉するので、シートの前を右方向に捻ってやりたくなり
ます。でもこうなるとドライビングポジションを多少なりとも犠牲にする必要が出てくる
わけですね。私は、オフセットをせずにシートの干渉する部分を削り取っています。

【固定式シートステー】スーパーロータイプフルバケシートフレーム
http://www.autov.net/ClubCarDetail.asp?Mode=2&UserCarID=12517&UserCarPatID=7044
右ショルダーの干渉が大きく、シートを加工しないと使えません。左前端部(左膝の外
側)も少しだけ削りました。


【シートレール】「ひくすぎちゃってごめんなさ〜い NB用シートレール」
http://www.autov.net/ClubCarDetail.asp?Mode=2&UserCarID=12517&UserCarPatID=6974
あまりシート高が下がらない分、右ショルダーの干渉は少ないです。ドア内装にえくぼが
できるのを気にしなければ無加工でも使えます。またフロアに固定する際、少々はシート
全体を右方向に捻ることができるので、干渉はより少なくなります。
[2003年1月20日 7時2分22秒]

お名前: sands    URL
REV2です。レールは純正にクエストさんのワンオフステーで、干渉していません。

ニーレックスに聞いたときは、ショルダー部分を自分でサンダー等で削るか、
ニーレックスさんに頼むかと言われました。

もしくは、ドア内張りの干渉部分をカットしてしまう方法もあります。
どれも自分でできます。
[2003年1月20日 1時41分31秒]

お名前: 座高調   
一般に右ショルダーが干渉するらしいREVですが、
ニーレクスでも「一部加工を要します」とのこと。
付けても内装干渉しない固定式レールがあるらしいのですが・・・
REVつけている方、使用レールと干渉具合を教えてもらえないでしょうか?
[2003年1月19日 23時47分20秒]

このテーマについての発言をどうぞ。
氏名
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
記事一覧に戻る