記事タイトル:幌にヒビガ 


書き込み欄へ  ヘルプ
お名前: 街乗り10年   
もこりんさんへ
なかなか難しそうですが、参考にさせてもらいます。
情報ありがとうございました。
がんばって乗りまわします。
[2003年3月9日 23時14分26秒]

お名前: もこりん   
 街乗り10年さんからリクエストがありましたので、以前書き込んだものを少し修正したもの
を書きたいと思います。

★保存版 NA型ロードスター リアスクリーン交換方法。

 結局、私が選んだ方法は、「両面テープ+タイラップ(電線などを束ねる樹脂バンド)」とい
う方式でした。両面テープだけでも充分な強度が得られる可能性はありますが、やはり、以前や
った人の話では、折り畳むときに気を使うということですし、精神衛生上、あまりよくないもの
ですから。タイラップによって縛り付けておけば、少なくとも「はげる」という心配はないと思
います。

【用意するもの】

‘明なビニールシート 
 厚さ二ミリ程度。ホームセンターなどで売っている。1メートル幅のものを長さ60センチく
らい用意すれば充分です。

強力両面テープ
「ブチルゴム」などと書かれたもっとも強力なタイプです。幅は15ミリのものが適しているで
しょう。色は黒をお勧めします。長さは3メートルも使わないので、一つ用意すればで充分に足
ります。
7訛バンド
 これは、タイラップ、インシュロックなどいろいろな商品名があります。電線などを束ねて締
め付けるものです。一度使うと二度と外れないので使い捨てです。幅は3ミリ、長さは70ミリ
程度の小さなものが適しています。数は70〜100本程度必要です。色はなるべく黒いものが
よいでしょう。
ど當未領礁魅董璽
 これはリアスクリーンの型どりの時に仮留めに使うだけですので、十センチも有れば足りま
す。強力両面テープの一部をこれに流用してもかまいませんが、はがれ難くなることがありま
す。
ス具類。
 ハサミ、カッター、ニッパー、千枚通し、ドリル(あるいはパンチ)があれば充分です。ビニ
ールシートを切ったり穴を開けたりする作業のために、作業台もあった方がよいでしょう。ドリ
ルはビニールシートに穴を開けるために使いますが、この作業は事務用のパンチ(一穴用)を使
ってもかまいません。但し、穴が大きくなるのが難点です。その他、裁縫用のボタン穴開け用の
パンチを使ってもかまいません。
θ
 これは、シートの後ろの棚状になった部分を底上げするために必要なものです。私は350C
Cの缶ビール24缶入りのものを使いましたが、厚さが同程度のものならなんでもかまいませ
ん。箱でなくても、発泡スチロールでもなんでもあり合わせのものでかまいません。但し、千枚
通しを刺す作業はこの箱の上から行いますので、千枚通しが楽に突き刺さる材質のものが良いで
しょう。これがないと作業が非常にやりづらくなります。
防水テープ
 これは必ずしも必要ではないのですが、タイラップを縛った上(つまり外側)から、シートの
周囲に貼るものです。目的は、ひとつには雨漏りを完全に防ぐため、そしてもう一つは、タイラ
ップ等で縛った外観があまり良くないので、それをきれい目隠しするためのものです。幅は15
〜20ミリ程度、長さは3メートルあれば充分です。なお、これを貼らなくても、大雨でない限
り、ほとんど雨は漏りません。必要に応じて購入すればよいと思います。

【作業手順】

…イ蠡悗用の新しいビニールシートを切る。
 ビニールシートは、今あるリアスクリーンの周囲の溶着部分の外側の大きさに合わせて切りま
す。この作業の前に、スクリーンとか屋根とかトランクリッドとかを良く水拭きしておいた方が
良いでしょう。せっかくのビニールシートに埃で傷が付きますから。
 最初に、両面テープ(強力タイプでなくても良い)を古いスクリーンの外側の幌に4ヶ所程度
貼り、これに新しいビニールシートを仮留めします。その状態で油性マジックなどでビニールに
線を入れます。その後、傷ついても良い机の上などで、いま入れた線に沿ってカットします。ハ
サミを使う場合は、かなり強力な刃を持ったものでないと、なかなか切れません。切りやすさ
と、後でやる穴開けとかのことを考えると、ビニールの厚さは1ミリでも良いかと思います。私
が使ったのは2ミリでした。それと、ハサミで切るときには、一気に切るようにしないと、切り
口が少しいびつになります。カッターを使えばもっときれいに切れたかと思いますが、これもや
はり一気に切るのが良いと思います。カッターは、大型のものを使いましょう。マジックによる
線よりも少し内側を切らないと、線が残って見えるわけですから、そのことを考えて、実際より
もほんの少し外側に線を描くと良いでしょう。

▲咼法璽襯掘璽箸亮囲に穴を開ける。
 ビニールシートの端から7〜8ミリくらいのところに、一列上に穴を開けます。これはタイラ
ップが通るための穴です。幌にあてて幌もろとも一気に千枚通しやキリで穴を開けるという方法
もあるとは思いますが、ビニールだけ先に開けた方が作業がやりやすいと思います。私の場合
は、卓上ボール盤(電気ドリル)を持っているので、それで開けました。裁縫用や事務用のパン
チを使用しても良いでしょう。ビニールシートはかなり固いので、ドリルのように完全に切りく
ずの出るような開け方でないと、タイラップを通すのが困難だと思います。穴の直径は3ミリ程
度が良いと思います(使用するタイラップが楽に通る大きさ)。穴の間隔は、3〜4センチおき
に2個ずつです。2個の穴の間隔は5ミリ程度(中心間距離でなく、穴の一番近い部分の距離)
が良いかと思います。あまり広いと、タイラップをギュッと締めたときに、シワになってしまい
ます。勘違いして欲しくないのですが、あくまでも、「同一線上に」穴を開けます。つまり、間
隔3センチ程度のところと5ミリくらいのところが交互に来るわけです。
 それと、この「穴開け作業」は、ビニールシートの上辺の真ん中あたりから始め、再び上辺の
真ん中あたりが最後になるようにすると良いと思います。というのは、3センチ程度の間隔で開
けていくと、どうしても最後はピッタリ3センチ間隔になりません。それが下の辺に来ると、タ
イラップの並びがそこだけ一定でなくなって目立つことになります。上辺であれば、幌に隠れる
ので問題ないというわけです。最終的には、ビニールシートの周囲をタイラップで3センチおき
に縫いつけたような形になります。

ビニールシートの周囲に両面テープを貼る。
 もし、穴開け作業などで、ビニールが汚れていたら、予め、台所洗剤などで汚れや油分をふき
取っておいて下さい。
 テープの幅は、15ミリもあれば充分です。「重ならないように、そして隙間の出来ないよう
に」貼るのがコツです。上下の直線に近い部分は、テープを少しずつ曲げながら貼ると良いでし
ょう。カーブの部分は、テープを短く切って、少しずつ角度を変えながら貼ることになります。
直線に近い部分でも、あまり長く連続して貼らずに、10〜20センチくらいの長さに切ってお
くと、あとで剥離紙(はくりし:テープに付いている「はがし紙」)をはぐときに便利です。剥
離紙は少しずつはぐ必要があるからです(Щ仮函法ただ、剥離紙が本当に「紙」で出来ていれ
ば、簡単に手でちぎれるのでこの心配はありません。私の使ったテープは、剥離紙が強力な透明
樹脂膜だったので、なかなか切れずに苦労しました。
 ビニールは幌の外側に貼るので、貼る面を間違えないように気を付けましょう。もちろん、間
違っても裏返しにすればよいのですが、厚手のビニールシートは、巻いてあったときの癖が付い
ていいて、やや丸みを帯びたりしているために、幌とのなじみが悪くなる場合があります。ま
た、裏返したときに、少しですが、サイズがずれる可能性もあります。

ぅ螢▲好リーンの周辺をきれいにする。
 リアスクリーンを切り取る前に、台所洗剤などを使って、リアスクリーンの周辺を特に念入り
に洗います。凹凸があるので、ブラシなどを併用すると良いでしょう。洗った後は再度水ですす
ぎ、完全に乾かします。私は洗剤を使いましたが、汚れが少なければ、アルコールなどだけでも
良いかと思います。あまり強い有機溶剤とか、ガソリンなどは使わない方がよいかと思います。
やってみないとわかりませんが、幌は樹脂製なので、溶けたりする心配があります。
 この工程は、もっと早い段階でやっておくと、乾燥の時間が取れて良いかと思います。

ジ鼎ぅ螢▲好リーンをカットする。
 これはハサミなどでよいのですが、前述のように強力なハサミが必要です。それと、トランク
が邪魔になったりして切りにくいので、車内からやるとか、いろいろと工夫してみて下さい。完
全にきれいに仕上げるのは至難の業です。どのみち外からはほとんど見えなくなるので、あまり
完璧を期す必要はないかと思います。リアスクリーンが硬くなってしまっているときは、ニッパ
ーなどを併用すると切りやすくなります。
 この作業はもう少し前の段階で行っても良いのですが、万が一作業がうまく行かずに途中で中
断したような場合、大きくパックリと穴が開いた状態でしばらく過ごすことになりかねません。
ですから、ギリギリまでカットしない方が得策です。古くても、そしてひび割れたりしたスクリ
ーンであっても、ある方がまだマシです。

Ε咼法璽襯掘璽箸魏召衫韻瓩垢襦
 ビニールシートを幌の穴にあてがい、四隅とか、四辺の中央などをタイラップで借り留めしま
す。当然、その部分のビニールシートには千枚通しなどで穴を開けておきます。この状態で一
度、ファスナーを閉めたり開けたりして、ビニールの張り具合を確認しておくと良いでしょう。
この段階では、まだ両面テープの剥離紙は剥ぎません。

Д咼法璽襯掘璽箸鯏修衂佞韻襦
 ここで初めて両面テープの剥離紙をはぎ、幌に貼り付けます。幌は閉じたまま、そして、リア
スクリーン用のファスナーは開けた状態で作業を行うことになります。シートの後ろの棚のよう
な部分に、高さ15センチくらいの平たい箱などを置いて、その上でテープを押さえながら行う
とやりやすくなります。くれぐれも、両面テープの剥離紙は、一度にはいでしまわないで下さ
い。貼る分だけ、その都度はぐようにします。そうしないと、ヘタにくっついてしまって取り返
しの付かないことになります。

 さて、この段階だけで既にリアスクリーンは密着しているので、このまま使っている方もおら
れるようです。但し、このままだとじきにはがれてきたりとか、耐久性の問題がありますので、
次の作業もすると良いでしょう。

幌の側に穴を開ける。
 これは、千枚通しなどを用いて行います。Г両態のまま、ビニールシートに開けた穴から
(つまり、外側から)千枚通しを突き刺して開けます。このとき、先ほどの箱が固いと深く刺せ
ませんので、段ボールとか発泡スチロールとかを敷いておくとやりやすくなります。この作業の
時、ビニールシートに穴を開けるのに使ったドリルやパンチを使うのも一つの手ですが、それで
すと、完全に穴が開いてしまい、雨が漏るようになります。その点、千枚通しで開けると、開け
た穴が再び縮まり、ほとんど隙間がなくなるので好都合です。

タイラップを通す。
 この作業は車内から行います。シートは一番前までスライドさせ、背もたれも前に倒しておき
ます。幌を閉じ、ファスナーも閉じておいて、先ほど開けた穴にタイラップを内側から外側に向
けて通します。先ほど開けた穴がすぼまって通しにくくなっていると思いますので、その都度、
内側から再度同じ穴を千枚通しで突き通して広げてから通します。タイラップは、二つずつ近接
した穴の、片方だけに通すのは言うまでもありません。
 次に車外に出て、今度は、ビニールからいびつに飛び出しているタイラップを外側に引っ張り
ます。この状態で、今度は対になっているもう一つの穴(そう、5ミリほど離れたところにある
穴です)に、再度千枚通しを通して穴を広げ、今引き出したタイラップを折り返して通します。

タイラップを縛り、カットして仕上げる。
 再度車内に戻り、幌の内側に出ているタイラップの先端を引き込みます。そして、それをタイ
ラップの「通し穴」に通します。全部通したら、ギュッと締めて、要らない部分をカットしま
す。カットするときには、ニッパーなどを使うと良いでしょう。ハサミでも良いのですが、きれ
いにカットしないと、出っ張ったタイラップが尖っていて、そこで手を傷つけたりすることがあ
ります。幌を畳んだときなどにそういう事態が予想されます。私の場合、エンジンルーム内で、
作業をまかせておいた業者がタイラップをハサミで切ったために角が立っていて、それで手をケ
ガした(といっても、手の甲に少し血が滲んだ程度ですが)ことがあります。

防水テープを貼る。
 実は、上記の状態で作業を終わり、1年以上使っていました。特に問題はなかったのですが、
たまたま私の住んでいる地方で豪雨があり、その中を走っていたら、タイラップを通していた穴
から雨がポタポタと漏ってきました。これを防ぐために、タイラップの上(当然幌の外側からで
す)から、防水テープを貼ります。これはビニールの周囲15ミリくらいの幅で充分です。上下
左右の4辺は比較的きれいに貼れるのですが、四つの角の部分はすこし苦労するかと思います。
短めに扇形に切ったものを何枚か用意し、それを順次貼ると良いかと思います。完全にきれいに
貼るのはかなり困難です。

完成
 これで一応は完成です。両面テープの粘着強度は、一週間くらいで最大に達するとのことです
から、幌の開閉(特にファスナーを開けない人は)は、少し間をおいた方がよいかも知れませ
ん。タイラップで縛ってあるので大丈夫だとは思いますが。

【注意点】
 ここで、その他の注意点とか、気付いた点を述べます。
・とにかく「作業がやりにくい」ので、作業を始める前にそれなりの覚悟をしておいて下さい。
・工作に自信のない人、手先があまり器用でない人、そして、工具などが充分に揃えられない人
にはあまりお勧めしません。
・時間もかかりますので、余裕のあるときにしましょう。
・天気の良い日を選んで作業をしましょう。天気が良いと言っても、真夏の炎天下とかではな
く、春や秋の気候の良いときの方が、作業もしやすいですし、ビニールシートの伸び縮みもあま
りなくて良いかと思います。
・明るい場所で作業しましょう。ガレージ内などだと、特に車内に入ったときに暗くてタイラッ
プを通す穴が見にくかったりします。その意味でも天気の良い日に屋外でやるのが良いかと思い
ます。
・Δ能颪い燭箸海蹐蓮決しておろそかにせず、慎重に作業して下さい。つまり、ここで焦って
早く貼り付けてしまうと、ビニールシートがシワになったりします。あくまでも数カ所だけを仮
留めし、何度もファスナーを閉めたり幌を閉じたりして、その状態で張り具合が均一であるかど
うかを確認してから次に進んで下さい。
・私の場合、タイラップは白い物を使いましたが、黒い物もあるので、それの方が目立たなくて
良いでしょう。テープも、私はあり合わせの物を使ったので灰色でしたが、これも黒い物の方が
よいでしょう。
・私の場合は端材をタダでもらってきたので、ビニールシートの品質が今ひとつでした。つま
り、中央の芯に近い部分だったので、少しですが、ビニールに凹凸があるのです。そのため、透
明度は変わらないものの、その凹凸のある部分を通してみると、物がゆがんで見えます。ですか
ら、シートはなるべく芯から遠い、真っ平らな部分を選んで買うようにすることをお勧めしま
す。
・シートの後ろの棚状の部分に置く箱だけは是非とも用意しておいて下さい。これがあるのとな
いのとでは、作業性に大きな差が出ます。
・前述のように、ビニールシートの厚みは、1ミリの方がよいかも知れません。実際、ロドスタ
のオリジナルのシートの厚さもそれくらいです。盗難に遭いにくい(切り裂きにくい)という意
味では、厚手の方がよいですが。
・両面テープは、私はたまたま似たようなものを持っていたので、それを使いましたが、なるべ
くケチらずに強力なものを使った方が良いでしょう。特にタイラップを使わずに両面テープだけ
で済ますのでしたら、なおさらです。
・逆に、両面テープをまったく用いずに、タイラップだけで仕上げ、隙間はコーキング剤でふさ
ぐという手も考えられます。どちらがよいかは、やってみないとわかりません。ただ、コーキン
グ剤を使うと、ベタベタになりますので、両面テープを使った方がスマートかも知れません。し
かし、これだけで雨が漏らないという保証もありません(その後、この問題は上の防水テープ
によってクリアされています)。
・なお、なかなか入手しにくいのですが、交換用のビニールシートを色つきのものにすると、リ
アスクリーンをスモークタイプにすることが出来ます。

【作業時間について】
 私の作業時間は、実質5時間程度でした。全部一人でやりましたが、もう一人いた方が何かと
便利だと思います。

【費用について】
 さて、費用の報告をしましょう。
・まずビニールシートですが、これは、ホームセンターなどで買った場合、数百円から1000
円程度かかるようです。私の場合、行きつけのホームセンターに頼んで端材をもらってきたので
タダでした。
・両面テープは、千円程度かかると思います。私の場合、自分がたまたま持っていた似たような
テープ(ボディにバッジなどを貼るときに使うもの)を使ったので、実質ゼロ円でした。
・タイラップは、私はもともと一袋持っていたので、これもタダ。本数としては、実際に縛るの
に使ったのが65本、仮留めして切り捨てたのが数本ですから、約70本使ったことになりま
す。
 というわけで、今回は完全に「タダ」で出来ました。もちろん、人件費は無視しての話です。
実際にそれらの材料を買うとすると、2千円程度はかかるかと思います。その他に細々したもの
を買えばそれなりにお金はかかりますが、材料費トータルで3千円を超すことはないと思いま
す。

【作業を終えて、まとめ】
 そして、使用感についてですが、はっきり言って、確かに視界ははるかにクリアになりまし
た。でも、「思ったほどではないな」というのが実感です。前述の凹凸による視界不良もあるの
ですが、ビニールは所詮ビニールであり、ガラスではないということです。透明度と視界はガラ
スには一歩譲ります。そのあたりは、もう少し改良の余地があるようです。お金に余裕があるの
なら、そして、あなたのロドスタがまだ何年も使えるものであるなら、NBの幌に交換するとい
うのも当然、重要な選択肢のひとつだと思います。
 とはいえ、以前はほとんど見えなかった後方が良く見えるようになったのですから、大変満足
しています。また、ファスナーを開けずに幌を畳んでも問題ないので、オープンにするのが大変
楽になりました。おかげで、以前にもましてオープンライフを満喫できるようになりました。

【その後……】
 さて、以上のように書いていたのですが、その後、もう少しエレガントな方法がないかと考え
てみました。
 タイラップの代わりにステンレスのビスを使うのも良いかと思います。これだと、防水テープ
は完全に不要になります(防水テープは剥げやすいので……)。また、ステンレスの外観も良い
かと思います。しかし、作業に二人必要(ビスをドライバーで回転しないようにする人、反対側
からナット回しを回す人)になります。また、ビスをはずしての盗難なども考えられます。
 私の示したのはあくまでも一例ですので、ご自分でいろいろと工夫されるのが良いかと思いま
す。

  以上
[2003年3月8日 0時13分54秒]

お名前: 街乗り10年   
もこりんさんへ
そのような情報があるなら是非書きこみをお願いします。
お手数でなければ・・・
ガラスも良いけどビニールも捨てがたいです。手作りっぽいとこも好きな車です。
[2003年3月6日 23時57分53秒]

お名前: もこりん   
 この話題になるとすぐにしゃしゃり出る私ですがご容赦下さい。
 リアスクリーンは自分で交換するのが安いし使い勝手の良いものができるのでお勧めです。特
に、柔らかいものに交換すると、スクリーン用のファスナーを開かずに開閉できるので便利で
す。手先が器用でない人には少し難しく感じるかも知れませんが。
 予算的には、人件費をロハとすれば、3000円でおつりが来ます。
 交換方法を詳しく書いた過去ログがあったと思うのですが、探しても見つかりませんでした。
もしご希望なら、また書き込みます。自分のPCにはちゃんとバックアップされていますので。
[2003年3月6日 23時32分40秒]

お名前: az−s   
便乗ですが、
おいらのNB幌って開ける時ガラスを引っぱりながら(外側から押す方向)
じゃないときっちりたたまないんですけど皆さんのはどうですか?
ちなみに閉める時は室内からは出来ません、腕つりそうです。虚弱体質なもので・・・
もう一つ、幌全体の重さはNBの方が軽いみたいですよ。
[2003年3月6日 23時23分15秒]

お名前: 街乗り10年   
やはり交換どきですかね。電熱線に憧れていたので良い機会かも。
がんばってお金をためます。書きこみありがとうございました。
[2003年3月6日 23時17分35秒]

お名前: Take1   
女性だとシートベルトをしたままだとちょっときついかなー...
からだねじって,手を引っかけて,体をまっすぐにしてからエイヤってな感じです.
片手できつければ両手でどうぞ!!
[2003年3月6日 21時39分59秒]

お名前: 横から   
早速のレス,ありがとうございます。

ちなみに、女の子一人でも大丈夫ですかね?
って、まずはNAほろの開け閉めから、チャレンジですね
[2003年3月6日 13時34分3秒]

お名前: Take1   
ちょっと重たいかなーってくらいです.あんまり問題は感じてません.
取り替えて一週間ぐらいはほろがぱんぱんに張っていて,「しっぱいだったか」
てぐらいしめるのに力がいるのですが,じきにいい感じになります.
[2003年3月6日 12時6分1秒]

お名前: 横から。   
横から、質問です。
NA幌とNB幌って、NBの方がガラスなだけに重たいじゃないですか
開け閉めって、劇的に重くなったりしますか?
ファスナーがない分、楽は楽そうなんですけど・・・
[2003年3月6日 12時2分7秒]

お名前: Take1   
こんばんは.
私のもぱきっと逝きました!
今はNB用の幌で快適生活です.自分は透明ビニールで自分で張り替えようと努力した
のですが,仕上がりに満足できず結局張り替えました.
なんでもっと早くしなかったんだろうってくらい感動しますよ.おすすめです.NB幌.
[2003年3月6日 1時36分29秒]

お名前: メリー   
幌交換もいいですよ。
私はトワイライトブルー(B2リミ)にNBベージュ幌ですが、
ロードスターが好きな人にはお褒めの言葉を頂きます。
[2003年3月5日 22時40分0秒]

お名前: 鎌倉山   
スクリーンみたいですね。
御免なさい。
コーンズさんに聞いてみるといいかも!
[2003年3月5日 22時25分17秒]

お名前: 鎌倉山   
テレビ通販、ホームセンターなどで買えるタッチボンドはどうでしょう?
似た色の当て布を内側からチャチャっとやれば大丈夫な気がします。
[2003年3月5日 22時23分11秒]

お名前: 街乗り10年   
H4式のNAです。最近寒さのせいか、幌をあけるときリアがパキっと割れま
した。10センチほどのひびですがまた、雨が降ると漏れるでしょう、ブルーです。
とりあえず透明テープで補強しましたが、何か良い方法は無いのでしょうか。
幌の交換どきですかね。車検終わったばかりなので金銭的に辛いでスガ・・・
ちなみに85000kmですがとても好調、ハードトップにしても良いのですが。
[2003年3月5日 22時14分9秒]

このテーマについての発言をどうぞ。
氏名
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
記事一覧に戻る