記事タイトル:バッテリーを替えてビックリ! 


書き込み欄へ  ヘルプ
お名前: RS500      
烏龍茶HIDE@西宮市さんのおっしゃるとおりかもしれません。参考になりました。ありが
とうございます。ん8さんもありがとうございます。まだ、ほとんど走っていないので、燃費
などに変化があれば、また、書き込みさせていただきます。 
[2003年2月11日 7時4分7秒]

お名前: ん8   
烏龍茶HIDEサンの後に書くのは勇気が要りますが
点火系でも良い影響があったのではないでしょうか?
CDIなどで火花を強化してやると良いそうですし、
バッテリーが弱っていたとして、アイドルあたりの
のろのろ運転だとオルタネータの発電量が低下して
着火不良を起こしていたのが改善されたなんていうのは
どうでしょうか?
[2003年2月11日 1時13分5秒]

お名前: 烏龍茶HIDE@西宮市   
察するに、交換前はかなり弱って容量の十分でないバッテリーで走られていたのだと思います。
通常自動車の発電機(オルタネーター)は、バッテリが満充電になると発電量がゼロに近くなり
ます。 逆に満充電で無い場合や、電装品を多く使用した場合などはバッテリーからの電気の供
給だけでは足りないので、発電機もフルに稼動して発電します。

この発電するという動作は、モーターと逆と考えると解りやすいかと思いますが、モーターなら
電気を接続すると回転力に変換されますが、発電機は回転力を与えると電気エネルギーに変換さ
れると考えて下さい。
ですから、発電中は発電機がかなり馬力を食っています。(アイドリングでヘッドライトを点灯
すると回転が落ちますが、それくらいパワーを食います。)
エコランなどではそのパワーロスを嫌って、バッテリーは満充電のものを積み、ベルトの張りも
弱くしたりしてパワーロスを防いだりしています。

そんな訳ですので、元気なバッテリーに替えると、バッテリーによって良く走るようになるので
はなく、元気の無いバッテリーの時に無駄に消費していたパワーを消費しなくなったので良く走
るようになったと感じるというのが正解では?? (^o^)

アーシングは、H9年なら事故車でも無い限りはあまり大差無いと思いますが・・・。
[2003年2月10日 21時42分11秒]

お名前: RS500   
H9NA8Cに乗っています。最近、エンジン始動時にバッテリーのへたりを感じたので、新
品に交換してみました。すると、セルが勢い良く回るのはもちろんですが、走りだしたらあま
りのトルクフルな走りに驚きました。特に低回転に力強さを感じます。朝の渋滞の坂道を、今
までですと、1速に落としていたところ、2速でOKでした。パワーウインドウも今までより
元気に動きます。これで、アーシングをやったら、もっと良くなるのでしょうか。それとも、
現状維持が出来るのでしょうか。詳しい方がいらっしゃいましたら、教えてください。よろし
くお願いします。ちなみに、車の仕様は給排気系のライトチューンです。
[2003年2月10日 20時50分35秒]

このテーマについての発言をどうぞ。
氏名
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
記事一覧に戻る